【レビュー】おすすめの中華イヤホン:KZ ZSN PRO

2020年3月15日

KZ ZSN Pro
KZ ZSN Pro
KZ ZSN Pro ハイブリッド型インナーイヤホン ダイナミックドライバー一基とバランスド.アーマチュア型ドライバー一基を搭載(1BA+1DD) 医療用樹脂筐体と亜鉛合金シェルが配置され 0.75mm2pinコネクターと汎用3.5mmプラグ リケーブル着脱式 高音質 重低音 密閉型ノイズキャンセリング カナル型 HIFI中華イヤホン (ブルー)

KZ(Knowledge Zenith)の格安ハイブリッドイヤホンの中でも人気が高い製品の一つがこのKZ ZSN Proです。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

KZ製品らしく、低価格ですがリケーブル対応になっています。工作精度は3000円で買える価格帯では良好に思えるくらいで、目立った欠点はありません。

音質

低価格でダイナミックドライバー1基とバランスドアーマチュアドライバー1基を搭載しています。音質の傾向は基本的にはZSNの特徴を受け継ぎ、ドンシャリ系の音になります。

ZSN Proは充分な重低感を持った低域を奏でてくれます。この点は価格の割に優秀な低域の存在を感じることができます。ただZSNもそうでしたが、少し低域の存在感は強すぎて中域にはみ出ている印象を受けます。

ZSNと比べると中域が改善され、以前ほど引っ込んではいませんが、それでもややへこんでいます。ウォームで耳当たりはよいですが、男性ボーカルはやや不明瞭です。高域近くはZSNではかなり尖ったキャラクターを持っていましたが、ZSN Proでは多少丸められています。聴き心地は改善されました。

ZSN Proの高域は明るく、ZSNと比べて明瞭性が増しましたが、若干刺さりも強くなっています。この高域に不快感を感じるならば、より高域がナチュラルに仕上がっているKZ ZS10 PROを検討すべきかも知れません。

コストパフォーマンス

低価格で低域の存在感が充分なドンシャリサウンドを求めているならば、KZ ZS10 Proは有力な選択肢になるでしょう。高域の尖りが気になりますが、コスパはなかなか優秀です。

KZ ZSN PRO

8.1

装着感

8.0/10

高音

7.5/10

中音

7.0/10

低音

8.5/10

コスパ

9.5/10

Pros

  • リケーブル可能
  • 存在感のある低域

Cons

  • 平凡な中域
  • 尖る高域

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...