【レビュー】おすすめのヘッドホン:Pioneer SE-M531

2019年7月11日

Pioneer SE-M531
パイオニア Pioneer SE-M531 ヘッドホン 密閉型/オーバーイヤー ブラック SE-M531 【国内正規品】

低価格で人気の高いパイオニアのポータブルヘッドホンです。皆様ご承知の通り、パイオニアの音響ブランドの実体はオンキヨーで、このヘッドホンは低価格ですが、オンキヨーらしく、ホームシアター向けになかなか迫力のある音が出るのが好まれています。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

低価格ですが、さすがのオンキヨー品質、妥協はなく、細かく作り込まれています。さすがに材質は価格なりで他社と同じくらいプラスチッキーな感じが出ていますが、デザインに差を感じます。ヘッドバンドとかサイドが細かく造形されています。

装着感もよく考えられていて、厚みのあるイヤーマフが耳を優しく包んで圧迫感はなく、ヘッドバンドもきつすぎません。

仕様など

型番
SE-M531


形式
密閉型ダイナミック


再生周波数帯域
7 Hz ~ 40 000 Hz


インピーダンス
32 Ω


最大入力(JEITA)
1 500 mW


出力音圧レベル
100 dB


ユニット口径
φ 40 mm


接続コード
片出し3.5 m


プラグ
φ 3.5 mm ステレオミニプラグ


質量
215 g


付属品
φ 6.3 mmステレオプラグアダプター(金メッキ)
COLOR
BLACK (-K)

https://pioneer-headphones.com/japanese/others/se-m531.html

音質

ホームシアターを意識しているようで、低域盛ってます。そのせいか人によっては低域の影響が大きく、篭もって聞こえやすい印象を受けるかも知れません。映画やゲームではあまり違和感を感じないというか、むしろ迫力が増して臨場感が感じられて楽しいでしょうが、音楽向けには若干低域がうるさいバランスになります。かなり深掘りされた重低音が鳴るので、低域好きにはもちろんおすすめできますが、重低音をノイズとして感じやすい人には、音楽を聴くにはちょっと厳しいかも知れません。

コストパフォーマンス

ゲーム用や動画用ヘッドホンとして、迫力重視で楽しみたいならおすすめできます。やや低域が強いので繊細な方向性が求められるFPSでは少し感度が悪く、あくまでシアター感覚でゲームを楽しみたい人向けですが、手軽に迫力を楽しめるこの機種はコスパ優秀です。装着感も高い評価を得ています。

おすすめは爆発音が存分に味わえるクライムアクション系やヒーローアクション系の映画。ゲームならGTA(グランドセフトオート)みたいなゲームです。

Pioneer SE-M531

8.5

装着感

8.5/10

高音

7.0/10

中音

7.0/10

低音

9.0/10

コスパ

10.0/10

お気に入り度

9.5/10

Pros

  • 装着感が良い
  • コスパが良い
  • 臨場感のある低域
  • 良好なビルドクオリティ

Cons

  • 音楽用には低域がうるさい

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...