【レビュー】おすすめの中華イヤホン:QOA Pink Lady

QOA Pink Lady
QOA Pink Lady

QOA PINK LADY 2BA+1DD Hybrid 3 Driver In Ear Monitor HIFI Earphone

QOA Pink LadyはQueen Of Audioの処女作です。その完成度は非常に高く、ブランドの名声を高めました。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

QOA(Queen Of Audio)はKineraの姉妹ブランドです。そのサウンドはKinera譲りのバランスの良いチューニングが施され、姉妹ブランドと同じく美しい外観と快適な装着感を実現しています。

Pink Ladyのハウジングはしっかりした深い紫に近いピンク色あるいは黒色をしたセミカスタムアクリルシェルで造形されています。よく磨かれており、手触りに荒い感触は全くありません。フェイスプレートには金色に造形された美しいQOAのロゴが施されています。

ケーブルも滑らかで取り回しが良く、ビルドクオリティで不満を感じることはありません。

QOA PINK LADY 2BA+1DD Hybrid 3 Driver In Ear Monitor HIFI Earphone HiFiGo

仕様など

  • Triple Driver Hybridセットアップ、10mm DD×1、BAドライバーユニット×2
  • インピーダンス:16Ω
  • 感度:112 +/- 1 dB
  • 周波数応答範囲:20Hz-20kHz
  • Copper + SPCケーブル(0.78mm 2ピンインターフェイスおよび3.5mmエンドプラグ付き)

音質

全体のサウンドシグネチャーは低域と高域が穏やかに強調された、ほとんどニュートラルに近いV字型です。深く拡張された低域と良く伸びる高域を持ち、音場はこの価格の平均を上回っています。ディテールと分離はかなり優れており、どんな楽曲でも混雑を感じません。

低域

Pink Ladyの低域は深く広がり、中低域でも優れたコントロールがあります。低域は温かみがあり、フルボディのサウンドを提供します。そのサウンドは分析的ではありませんが、スムーズで滑らかです。

中域

Pink Ladyのサウンドは鮮やかで温かみがあり、ボディが豊かですが、風通しもよく、広々としています。とくに女性ボーカルは楽器と見事に分離され、鮮やかに聞こえます。Pink Ladyには女性ボーカルを好むリスナーを虜にする十分な資質があります。

高域

高域は滑らかでリラックスしてのびやかです。中域に比べるとディテールはあまり強調されませんが、輝きは十分です。バイオリンはピアノや金管といったほかの楽器とよく調和して聞こえ、滑らかな質感を維持したまま、それらより頭一つ伸びて聞こえ、きれいな余韻を残します。混雑や歪みはなく、風通しが良く広々と音楽が聞こえます。

音場

Pink Ladyはかなり正確に楽器を配置し、広々と聞かせてくれます。クラシック音楽を聴いても響きの広がりに十分に満足できるでしょう。

コストパフォーマンス

QOA Pink Ladyは楽しくディテールに満ちた音楽体験を提供してくれます。ニュートラルに近いバランスにもかかわらず、その音楽は無機質なモニターサウンドではありません。そのサウンドはモニターイヤホンに劣らない細部と清潔感のある空間を持っていますが、一方で豊かな響きと質感を持っており、薄いモニターサウンドとは全く異なる音を奏でます。そして、その美しいサウンドは素晴らしいパッケージとビルドクオリティとともにあり、それを手に入れる人に価格以上の満足度を感じさせてくれます。このイヤホンはこの価格帯で最も競争力のあるイヤホンの一つです。

より詳しい情報

より詳しい情報については以下のレビューを参考にしてください。

QOA Pink Lady

9.4

装着感

9.0/10

高音

9.0/10

中音

9.5/10

低音

9.0/10

コスパ

10.0/10

お気に入り度

10.0/10

Pros

  • 良好なビルドクオリティ
  • 素敵な付属品
  • 詳細なディテール
  • 美しいボーカル
  • 広々としたサウンド
  • 優れた音楽性

Cons

  • ディテール感がわずかに劣る高域
  • 少しスピード感の遅い低域