【レビュー】おすすめのイヤホン:final E1000

final E1000
final E1000
final E1000 カナル型 イヤホン (ブラック)

final Eシリーズでも最も廉価なクラスの1つになりますが、音質では妥協していないと評判です。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

E1000は非常に小型なイヤホンです。ビルドクオリティは価格を考えると標準以上です。

仕様など

型番
FI-E1DPLBU(BLUE)、FI-E1DPLRE(RED)、FI-E1DPLBL(BLACK)
筐体
ABS
ドライバー
6.4mmダイナミック型
ケーブル
OFCブラックケーブル
感度
102dB/mW
インピーダンス
16Ω
質量
15g
コード長
1.2m

https://snext-final.com/products/detail/E1000

音質

finalのイヤホンは一般的にウォームなサウンドで知られています。このE1000もご多分に漏れず、やや暖かです。そのおかげで音楽に熱の篭もった生命的なプレゼンテーションがあり、finalのイヤホンを好む人はこの音質に魅了されています。

低域は量感が充分にあり、深さもかなり表現されます。ベースとドラムの描き分けには明快さがあります。

暖かな中域が広がっています。ボーカルは情緒に溢れ、感情的な色づきを持っており、低価格でもfinalらしい音作りがされていることがわかります。女性ボーカルは男声に比べてもう少しさわやかに聞こえると思います。

シンバルはカリカリと硬めです。ウォームな中域に比べると尖りが目立ってやや落ち着きがない印象があり、多少の刺さりを感じるかも知れません。高域は明るさはそれほど強調していないようです。

コストパフォーマンス

価格帯の中で、E1000は比較的魅力を感じる製品です。ビルドクオリティ、低域のディテール、中域の聴きやすさ、高域のとっかかり、すべての音域で音のバランスがよく、低価格モデルにも拘わらず、finalらしい明確なサウンドイメージが再現されています。

final E1000

8.3

装着感

8.5/10

高音

7.0/10

中音

8.0/10

低音

7.5/10

コスパ

9.5/10

お気に入り度

9.5/10

Pros

  • コスパが良い
  • コンパクトなデザイン
  • バランスの取れた音質
  • ウォームで聞き心地が良い

Cons

  • 高域の刺さり