【レビュー】おすすめの完全ワイヤレスイヤホン:Jabra Elite Active 65t

2019年5月30日

Jabra Elite Active 65t

Jabra Elite Active 65t
【国内正規品】 完全ワイヤレスイヤホン Jabra ジャブラ Jabra Elite Active 65t Copper Blue 【100-99010000-40】 【送料無料】 bluetooth フルワイヤレス 左右分離型 両耳 完全ワイヤレスイヤホン 【2年保証】

数ある完全ワイヤレスイヤホンの中でもJabra Elite Active 65tは世界的に人気が高い完全ワイヤレスイヤホンです。Jabraはスポーツ向けのワイヤレスイヤホンや業務用ヘッドセットで知られるメーカーで、高品質なマイク性能で知られています。

【特集】価格帯別で選ぶ!5000円以下!コスパのよいおすすめ完全ワイヤレスイヤホン【左右分離型】[2019/11/12 最新版] - audio-sound @ hatena

今回は人気のワイヤレスイヤホンの中から、実際に使ってみて特にコスパが高いと思われる機種を紹介します。去年までの完全ワイヤレスモデルの傾向というと、低価格帯完全ワイヤレスモデルはあまり質が良いものがなく、有名メーカー製は高すぎて高嶺の花という感じでした。しかし、2018年になると有名メーカー製もラインナップが充実し、低価格モデルは洗練されて、中にはメーカー製と渡り合える実力派も出てきました。今日は皆さんに、より抜いた粒ぞろいの実力派イヤホンたちを紹介します。  なお、めんどくさい人は「一番のオススメは?」のところから確認してください。 5000円以下のオススメモデル  この価格帯は完全ワイヤレスイヤホンとしては底辺で、エントリークラスになります。安いモデルは3000円を切る価格からありますが、一定の実力があるモデルは3000円以上のモデルがほとんどです。 Dudios Zeus Ace Zagzog TWS-M3 Eleoption N09 Orit OR01 MEBUYZ E18 SRUIK D09 TaoTronics SOUNDLIBERTY 53 GUSGU GSG-T10 Enacfire Future Plus  この機種は EnacFire Future のマイナーチェンジバージョンでイヤホン本体にはほとんど改良が加えられていません。充電ケースだけ、モバイルバッテリー機能付きの大容量のものに変更されており、いわゆる「モンスタースペック」系になりました。Futureの弱点が最大再生時間の短さだったので、この変更は適切に思えます。  音質はFuture譲りの重厚感のあるフラットサウンドで、SoundPEATS系イヤホンに多い、低域重視サウンドです。高域は比較的おとなしく、どちらかといえば低域が張り出してライブ感を強調します。没入感の高いサウンドで外音遮断性が高めなので、外出時に音楽に没頭したい人にはおすすめできます。 UENO WA-X1(F8) FEYCH NB-T01 Hiyoo A66(A8-C5) EnacFire E18 plus  E18 Plusという名前ですが、 Future Plusと違って元となったE18がどの機種かは不明です。 MEBUYZ E18の可能性もありますが、音質やデザインにかなり変更が加えられているので、イヤホン本体は Future と大差なかったFuture Plusと違ってほとんど別機種です。  音質的にはフラットに近いですが、低域はやや抑えめで、中高域以上にフォーカスがあります。そのため、ハイファイ感がある見通しの良い透明感のある音質になっているのが特徴で、現代的なEDMやアイドルソング、アニソンと相性が良いです。  この価格帯では珍しく、高音質コーデックaptXに対応しているのも特徴で、通信安定性が高めです。

評論家の高い評価

Jabra Elite Active 65tは評論家の間で高い評価を得ており、AppleのAirpods対抗機の本命として広く認められています。音質傾向は異なるものの、使い勝手の面でAirpodsに匹敵すると評価されているからです。

バッテリー品質が高い

Jabra Elite Actie 65tの長持ちするバッテリーは評論家を驚かせました。スペック上の連続再生時間は5時間ですが、実測結果で6時間程度もつということが知られています。これはこの機種が出た2018年前半当時の完全ワイヤレスイヤホンでは抜群の性能でした。充電ケースも含めた最大再生時間は15時間になります。

高機能な付属アプリ

それ以上に評論家やユーザーを唸らせているのは付属アプリの「Jabra Sound+」です。このアプリはイコライザー機能を備えているだけでなく、ファームウェアアップデートやGPSでイヤホンを追加する機能が付いています。アプリの付加価値の高さがこのイヤホンの魅力です。

とくに素晴らしいとされているのはマイク品質です。Jabra Elite Active 65tは4つのマイクを備えており、環境音の影響を低減して通話を相手に伝えます。

このマイクはヒアスルー(外音取り込み)機能にも生かされています。Jabra Elite Active 65tはインターフェースボタンをプッシュするだけで外音取り込み機能を使うことができ、周囲の人間の話し声などをクリアに拾いながら、音楽を再生することができます。

製品を手に入れたら、必ずファームウェアアップデートをしましょう。これにより細かなバグフィックスが行われます。

防水性能は標準以上

防水性能はIP56です。これは土砂降りの中で使っても充分な耐久性のある防水性能で、さらに防塵性能もあるため、外環境に対する機密性が高いです。こうした高い品質の防塵防水性能は外出時に使うことの多い完全ワイヤレスイヤホンにとって重要な性能になります。

[水の侵入に対する保護等級]
0級:特に保護がされていない
1級:鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
2級:鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
3級:鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
4級:あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
5級:あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
6級:あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
7級:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
8級:継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

https://www.goodspress.jp/howto/11516/2/

音質は解像度感が高い

Jabra Elite Active 65tのサウンドは少し独特です。低域は太めではありますが、膨張感のある音ではなく、背景を作るような締まった音です。中高域はシャープで細い緻密な音で、かなり細かく音を分解しているように聞こえます。このような音は音楽を細かに楽しみたい人にはよいですが、迫力や温かみに欠けるので、リラックスして音楽に浸る用途にはあまり向いていないです。

コストパフォーマンス

使い勝手の面では文句なくコストパフォーマンスが高い機種です。とくにヒアスルー機能とマイク性能の優秀さは外出時に同僚や顧客と頻繁に連絡を取る必要があるビジネスマンに好まれています。彼らはビジネスの成功の秘訣が明瞭な通話による的確な情報伝達と印象の良さにあることを知っています。Jabraはスポーツ向けとしてこのイヤホンを出しましたが、ビジネスマンに評価が高いという市場の結果を踏まえ、次の製品はビジネス用途に特化する機種を出すことをすでに決定しています。

より詳しい情報

より詳しい情報については以下のレビューを参考にしてください。

Jabra Elite Active 65t

8.7

装着感

9.0/10

バッテリー

8.5/10

通信品質

9.5/10

防水性能

8.0/10

高音

8.5/10

中音

8.0/10

低音

8.0/10

コスパ

9.0/10

お気に入り度

9.5/10

Pros

  • アプリの性能が良い
  • 防塵防水性能は標準以上
  • イヤホンのバッテリーは長持ち
  • 通話品質が高い
  • ヒアスルー機能搭載
  • 評論家が絶賛
  • ユーザー満足度が高い

Cons

  • 音質は必ずしも高く評価されていない
  • 最大再生時間は長くない

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...