【レビュー】おすすめの中華イヤホン:iBasso AM05

2020年3月15日

iBasso AM05
iBasso AM05
iBasso Audio AM05 5ドライバBA搭載カナル型イヤホン (ブルー)

iBassoは、とくにデジタルオーディオプレーヤー(DAP)で知られる中国のブランドです。そのiBassoから最新にリリースされたイヤホンがAM05です。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

AM05には、透明な樹脂シェルと緑色または青色のフェイスプレートがあります。左右のフェイスプレートには、それぞれ「All Music」と「AM05」がシルバー色で表示されています。ノズルはわずかに傾斜し、人間工学に基づいたデザインで快適なフィット感があります。 ケーブルはMMCXコネクタを通じて接続されます。

仕様など

http://musinltd.com/AM05.html

音質

iBasso AM05の音質は、バランスの取れたニュートラルサウンドで、比較的幅広いジャンルの音楽をバランスよく楽しめるようになっています。

低域

AM05には、十分に拡張された重低域があります。重低音の再生は機敏性が重視されており、低音の減衰は速く、素早く表示されます。中低域は適度なボディを持ち、スラムはより軽い感じでパンチが効いています。コントロールの良いヒットで、タイトな低域のパフォーマンスがあります。

中域

中域は音楽的に表現され、透明度は良好です。ボーカルは前向きで、親密に聞こえてきます。中域下部では男性のボーカルは感情的によう表現されています。中域の上部はより強調されており、前傾するので女性ボーカルのパフォーマンスに貢献しています。AM05には鮮やかで魅力的な中域があります。

高域

高音域はよく拡張されて伸びやかです。滑らかな音で、刺さりと尖りがありません。空気感は良好で、浮揚感のある輝きがあり、明瞭性は悪くありません。詳細で明確な表現力を感じます。

音場

拡張は自然であり、優れた幅の大きさがあり、頭を囲い込んでくれます。

コストパフォーマンス

価格を考えると、比較的贅沢な付属品とビルドクオリティの製品パッケージになっています。音質もバランスが良く、全体的に満足度を得るに十分でしょう。音場に優れており、おすすめできる製品です。

iBasso AM05

8.7

装着感

8.5/10

高音

8.5/10

中音

8.5/10

低音

8.5/10

コスパ

9.5/10

Pros

  • 良好なビルドクオリティ
  • 豊富な付属品
  • 広い音場
  • バランスの良い音質

Cons

  • 低域は少しおとなしいかもしれない

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...