【レビュー】おすすめのイヤホン:Victor HA-FW1500

2020年1月9日

Victor HA-FW1500
Victor HA-FW1500
Victor JVC HA-FW1500 WOODシリーズ 密閉型イヤホン リケーブル ハイレゾ音源対応

JVCのWOODシリーズの最新作がVictorブランドから発売されました。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンを紹介します[5000円以下編] - audio-sound @ hatena

魅力的な完全ワイヤレスイヤホンたちをご紹介!  当ブログではこれまでおそらく200機種以上の完全ワイヤレスイヤホン を紹介してきました。ほぼ毎日レビュー記事を書いているので、なかなかまとめる機会がありませんでしたが、今回その中でも最近のお気に入りでコスパ最強と言える機種を価格帯別に紹介しようと思います。  今回は5000円以下で購入できる機種から紹介します。 5000円以下のお気に入り機種 ...

ビルドクオリティ

デザインは最近のJVCのイヤホンのデザインを踏襲しています。HA-FD01に近いデザインになっており、装着感に改善が見られています。シュアがけをする場合は左右を逆にしてケーブルにつなげば対応できます。

仕様など

型名HA‐FW1500
型式ダイナミック型
ドライバーユニット口径11mm
ウッドドームドライバーユニット
出力音圧レベル103dB/1mW
再生周波数帯域6Hz ~ 52,000Hz
インピーダンス16Ω
最大許容入力200mW (IEC*)
ケーブルMMCX端子型着脱式1.2m(Y型) OFC線
φ3.5mm24金メッキ
ステレオミニプラグ
質量 (ケーブル含まず)約15.0g
付属品スパイラルドット+(プラス) イヤーピース(S、MS、M、ML、L各2個)、
キャリングケース

https://www.victor.jp/headphones/in-ear/ha-fw1500/

音質

WOODシリーズ独特の渋みと深みのある音色はそのままに、これまでにない、より明るく詳細な音場を実現しているのが特徴です。

低域

沈み込みがよく、深いところで重みを出す低域が特徴的です。これまでのWOODシリーズでは厚みを重視した音作りが主流でしたが、HA-FW1500の低域は中域からよく分離された深堀り感を重視した音になっています。濃厚感や温かみは少し減りましたが、代わりにディテール感は少し増しました。

中域

中域はWOODシリーズの中では清潔感が強くなっており、HA-FD01に似たようなフラットさを意識したサウンドになっています。楽器音とボーカルの分離もよく、高域がより明るくなったせいで音場のブライトネスも増していて、これまでの製品より見通しの良いサウンドになっています。

高域

高域のディテールは増しており、WOODシリーズでは最も高い位置にまで届いているかのような突き抜けと空気感が感じられます。これまではよりアコースティックな音響デザインを意識して、中域にフォーカスされていましたが、高域が現代的な音楽に合うような開放的な音響デザインになったせいで、いくぶん重心が高くなった印象を受けます。

サウンドステージ

低域の深堀りと高域の開放感はサウンドステージに縦方向のワイドレンジ感をもたらしています。左右の広がりと奥行き感も高めです。

コストパフォーマンス

これまでのWOODシリーズとは異なり、ブライトネスが強めの明るいサウンドになっていることは少し好みを分けそうです。音場の見通し感は改善され、現代的な音楽への対応力も高まった一方で、中域から低域にかけての濃厚な空気感は薄まりました。音像は明瞭になり、クリアなサウンド表現になりましたが、WOODシリーズ独特の風味はその分薄味になってしまったとも言えます。十分な音の太さがありますが、中域での音の厚みは減ったように感じられるかもしれません。

より詳しい情報

より詳しい情報については以下のレビューを参考にして下さい。

Victor HA-FW1500

8.8

装着感

8.0/10

高音

8.5/10

中音

8.5/10

低音

9.0/10

コスパ

9.0/10

お気に入り度

9.5/10

Pros

  • ビルドクオリティが高い
  • ワイドレンジ感のある音質
  • 深みのある低域
  • 明るい中高域
  • 広いサウンドステージ

Cons

  • 濃厚感は薄め
  • 装着感は普通