【レビュー】おすすめの中華イヤホン:KZ ZST

2020年3月15日

KZ ZST
KZ ZST
KZ ZST ハイブリッドドライバイヤホン 1BA+1DD 高性能インイヤーイヤホン 運動型イヤホン (取り外し可能なケーブル) (Purple without Microphone)

低価格でそれなりの音を聞けるイヤホンを探しているなら、KZ ZSTは充分に候補になり得ます。KZ ZSTは2000円を切る価格でダイナミックドライバー1基とバランスドアーマチュアドライバー1基のハイブリッド構造を持ち、比較的万能に聴かせてくれる良機種です。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

非常に低価格なイヤホンですが、ビルドクオリティは値段ほどチープではありません。よく見るとところどころ品質管理が甘く、不格好だったりしますが、価格を考えると概ね許せるでしょう。

なんとこの価格で2pinリケーブルに対応しています。つまりBluetoothケーブルを別に買って付け替えればワイヤレスで音楽を楽しむことができます。この価格帯では普通リケーブルが楽しめることはありませんから、KZ ZSTはとても素晴らしい例外と言えます。外観の全体もこの価格帯にふさわしくないほどかっこいいです。

音質

この機種は低域が高く評価されています。実際のところ、低域は必ずしも最高と言えるほどのものではなく、価格なりの多くの欠点を持っていますが、それでも非常に満足できる品質の音です。

低音はやや前面に出てきて主張が強いです。深さはあんまりないようですが、パンチは利いていて濃厚感もある音です。地熱を感じさせる重低音に不足がありますが、100hz以下をイコライザーで持ち上げることができれば劇的に改善します。低域に存在感を求める人は試してみるとよいかもしれません。

中域は存在感がありません。この中域の精彩の無さがZSTを典型的なドンシャリイヤホンと感じさせる要因です。ピアノは穏やかで、ギターだけが少し精彩が強く聞こえます。ボーカルは細部が不明瞭で、サ行は少し尖りを感じるかも知れません。

高域は攻撃的で尖りが強く鮮烈な印象です。やや薄っぺらいパリパリした音を感じ、少し聞き疲れしやすいです。ただ高域の明るさのおかげで、同価格帯の大抵のイヤホンより印象よく見えることは確かです。

基本的にドンシャリ気味で楽しい音だと感じることができます。

コストパフォーマンス

KZの入門機としてZSTは完成度が高く、音質のバランスが比較的良いので、楽しい音を奏でてくれるイヤホンとしておすすめできます。基本的にコスパの良いKZ製品の中でも、とくにコストパフォーマンスに優れた機種です。

KZ ZST

8.3

装着感

8.5/10

高音

7.5/10

中音

6.5/10

低音

8.0/10

コスパ

10.0/10

お気に入り度

9.5/10

Pros

  • 楽しいドンシャリ音質
  • 装着感が良い
  • ビルドクオリティは悪くない
  • リケーブル可能
  • コストパフォーマンスが良い

Cons

  • 音質はよく聴くとチープ