【レビュー】おすすめの完全ワイヤレスイヤホン:JBL UA Sport Wireless FLASH

2019年5月30日

JBL UA Sport Wireless FLASH
JBL UA Sport Wireless FLASH
JBL 完全ワイヤレスイヤホン UA SPORT WIRELESS FLASH /IPX7/Bluetooth対応 アンダーアーマー ブラック UAJBLFLASHBLK 【国内正規品/メーカー1年保証付き】

映画館のサウンドシステムでもお馴染み、人気メーカーJBLからスポーツ向けの完全ワイヤレスイヤホンが出ました。それもスポーツウェアメーカー、アンダーアーマーとコラボして、その専用スポーツアプリも使えるという優れものです。

【特集】価格帯別で選ぶ!5000円以下!コスパのよいおすすめ完全ワイヤレスイヤホン【左右分離型】[2019/11/12 最新版] - audio-sound @ hatena

今回は人気のワイヤレスイヤホンの中から、実際に使ってみて特にコスパが高いと思われる機種を紹介します。去年までの完全ワイヤレスモデルの傾向というと、低価格帯完全ワイヤレスモデルはあまり質が良いものがなく、有名メーカー製は高すぎて高嶺の花という感じでした。しかし、2018年になると有名メーカー製もラインナップが充実し、低価格モデルは洗練されて、中にはメーカー製と渡り合える実力派も出てきました。今日は皆さんに、より抜いた粒ぞろいの実力派イヤホンたちを紹介します。  なお、めんどくさい人は「一番のオススメは?」のところから確認してください。 5000円以下のオススメモデル  この価格帯は完全ワイヤレスイヤホンとしては底辺で、エントリークラスになります。安いモデルは3000円を切る価格からありますが、一定の実力があるモデルは3000円以上のモデルがほとんどです。 Dudios Zeus Ace Zagzog TWS-M3 Eleoption N09 Orit OR01 MEBUYZ E18 SRUIK D09 TaoTronics SOUNDLIBERTY 53 GUSGU GSG-T10 Enacfire Future Plus  この機種は EnacFire Future のマイナーチェンジバージョンでイヤホン本体にはほとんど改良が加えられていません。充電ケースだけ、モバイルバッテリー機能付きの大容量のものに変更されており、いわゆる「モンスタースペック」系になりました。Futureの弱点が最大再生時間の短さだったので、この変更は適切に思えます。  音質はFuture譲りの重厚感のあるフラットサウンドで、SoundPEATS系イヤホンに多い、低域重視サウンドです。高域は比較的おとなしく、どちらかといえば低域が張り出してライブ感を強調します。没入感の高いサウンドで外音遮断性が高めなので、外出時に音楽に没頭したい人にはおすすめできます。 UENO WA-X1(F8) FEYCH NB-T01 Hiyoo A66(A8-C5) EnacFire E18 plus  E18 Plusという名前ですが、 Future Plusと違って元となったE18がどの機種かは不明です。 MEBUYZ E18の可能性もありますが、音質やデザインにかなり変更が加えられているので、イヤホン本体は Future と大差なかったFuture Plusと違ってほとんど別機種です。  音質的にはフラットに近いですが、低域はやや抑えめで、中高域以上にフォーカスがあります。そのため、ハイファイ感がある見通しの良い透明感のある音質になっているのが特徴で、現代的なEDMやアイドルソング、アニソンと相性が良いです。  この価格帯では珍しく、高音質コーデックaptXに対応しているのも特徴で、通信安定性が高めです。

高いヒアスルー性能

最近のワイヤレスイヤホンやヘッドホンにはヒアスルー機能を備えているものがあります。ヒアスルーとはいわゆる外音取り込み機能のことで、マイクから人の声やアナウンス、周囲の乗り物の動作音など必要な音だけを拾って音楽と共存させることができます。

このヒアスルー機能は当然ながら、メーカーや製品毎に調整の仕方が異なり、場合によって調整が合わなかったり精度が悪いということがあります。しかし、このUA Sport Wireless FLASHには2段階の外音取り込み機能が用意されており、自分の使い勝手の良い方を使えますので、心配ありません。

良好な装着感

スポーツモデルということで、激しく運動しても大丈夫なよう、装着感もしっかりしています。イヤーフックで耳に引っかかる構造になっており、付け心地もきつくなく、良好です。

バッテリー性能

イヤホン単体で連続再生時間5時間、ケース込みで最大25時間とかなりのバッテリー性能を持っており、スポーツモデルとしては充分です。普通は3時間以上ぶっ続けでイヤホンを使うことはまずなく、ケースに入れながら使うことになるでしょうから、連続再生で4時間以上、ケース込みの最大再生で10時間以上持てば大抵は一日中使えるという判断で問題ないです。

ケースは少しかさばる

ただ、大容量のバッテリーを積んでいるせいか、ケースは少し大きめです。極端にかさばるというわけではありませんが、完全ワイヤレスイヤホンモデルとしては少し大ぶりです。

通信品質

接続はかなり安定しています。街中の人混みの中などでは少し途切れやすいところもありますが、ほぼ切断なしで使い続けることができます。

防水性能

防水性能はIPX基準で7等級と規格の実質最上位になります。IPX規格はIPX7まで基準が設けられており、メーカー独自にIPX7を越えた水準であると見なした場合、IPX8を名乗ることができるということになっています。したがって、このイヤホンは事実上IPX試験の最上級ランクをクリアしています。

IPX7の防水性能があれば多少の水没問題なく、水泳にも使うことができます。水場での使用が問題ないことはもちろん、風呂場で使うことさえできる機種になります。

[水の侵入に対する保護等級]
0級:特に保護がされていない
1級:鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
2級:鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
3級:鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
4級:あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
5級:あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
6級:あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
7級:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
8級:継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

https://www.goodspress.jp/howto/11516/2/

音質

JBLらしい低域が少し厚めのドンシャリなサウンドです。BOSEやSONYの低域が強い感じが好きなら、きっと好みだと思う音質です。ロックやポップス、アニソン、ダンスなどの元気の良い曲と相性が良く、スパイシーでノリの良い音響を奏でてくれます。

コストパフォーマンス

ライバルとなるJabra Elite Active 65tやBOSE SoundSport Freeに比べると安めの値段で手に入るのがお得です。ヒアスルー機能やバッテリー性能、高い防水性能などを考慮するとかなり使いやすくて魅力的な割に廉価で手に入る印象で、コストパフォーマンスは悪くありません。

より詳しい情報

より詳しい情報については以下のレビューを参考にしてください。

JBL UA Sport Wireless FLASH

8.6

装着感

8.5/10

バッテリー

8.5/10

通信品質

9.0/10

防水性能

9.5/10

高音

8.0/10

中音

7.0/10

低音

8.5/10

コスパ

9.5/10

Pros

  • 良好な装着感
  • 高い防水性能
  • 2段階のヒアスルー機能
  • パワフルな音質
  • 標準以上のバッテリー品質
  • UAのスポーツアプリが使える

Cons

  • ケースが少しかさばる

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...