【レビュー】おすすめの完全ワイヤレスイヤホン:TRN T300

TRN T300
TRN T300
TRN T300(2BA+1DD)完全ワイヤレスイヤホン QUALCOMMのQCC3046チップセットが搭載され 最新のBluetooth5.2バージョン ワイヤレスチャージングをサポート CVC8.0ノイズキャンセリング機能 APT-XのAAC/SBCオーディオコーデック IPX5防水機能及びスマートタッチパネルが搭載されたハイエンドワイヤレスイヤホン

大人気中華イヤホンブランド TRN から、2BA+1DDのハイブリッド完全ワイヤレスイヤホン TRN T300 が登場しました。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンを紹介します[5000円以下編] - audio-sound @ hatena

魅力的な完全ワイヤレスイヤホンたちをご紹介!  当ブログではこれまでおそらく200機種以上の完全ワイヤレスイヤホン を紹介してきました。ほぼ毎日レビュー記事を書いているので、なかなかまとめる機会がありませんでしたが、今回その中でも最近のお気に入りでコスパ最強と言える機種を価格帯別に紹介しようと思います。  今回は5000円以下で購入できる機種から紹介します。 5000円以下のお気に入り機種 ...

QCC3046+ハイブリッドドライバー

TRN T300はQualcomm社の最新チップQCC3046を搭載し、ダイナミックドライバー1発とバランスドアーマチュアドライバー2発を組み合わせたハイブリッドドライバー構成により、ディテールに優れた高解像サウンドを持っています。

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B08QRGFK68/

仕様など

製品名:TRN T300(2BA+1DD)完全ワイヤレスイヤホン
ブランド:TRN
モデル:T300
ドライバー:2BA+1DD
Bluetoothオーディオコーデック:APT-X/AAC/SBC
カラー:ブラック
チップセット:QCC3046
Bluetooth反応範囲:10m
充電ケーブル:USB-C
連続使用時間:4時間
充電ケースバッテリー容量:600mAh
イヤホンバッテリー容量:30mAh
重量:5g(片側イヤホン)
ワイヤレスチャージング:可能
防水機能:IPX5
適応システム:Android、OS、iOS
タッチパネル:あり
ノイズキャンセリング:CVC8.0ノイズキャンセリングテクノロジー
Bluetoothバージョン:Bluetooth5.2

引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B08QRGFK68/

簡素なパッケージ

パッケージは非常に簡素です。外箱カバーの裏には技適番号も記されています。aptXロゴ、製品名とハイブリッドイヤホンだという説明、FCCやCEなどの認証ロゴのほかには生産地情報が載せられているだけであり、かなり質素です。内箱はマグネット式開閉カバーを備え、充電ケースがウレタンフォームに収められています。

メカニカルなデザイン

TRN T300はモールドされたスポーティでメカニカルな現代的なデザインを備えており、それはF1カーのようです。充電ケースには充電残量を示すインジケーターも搭載されており、残量はいつでも確認できるので、突然の充電切れにあうことはほとんどないでしょう。

イヤホン単体の重さはわずか5g程度で非常に軽量であり、コンパクトで、装着しても耳に重さを感じることはありません。そのイヤホンは人間工学的デザインが採用されており、耳にしっかりと収まります。

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B08QRGFK68/

素早いペアリング

TRN T300は充電ケースのカバーを開けるだけで速やかにペアリングモードに移行します。わずらわしさがありません。

高い接続安定性

TRN T300はQualcomm True WirelessMirroringテクノロジーに対応しており、左右のイヤホンに同時に通信が送信されています。これによりシームレスで遅延の少ない通信が実現されるだけでなく、接続安定性も高まります。

ポケットにスマホを入れ、T300につないで街中で使用しても安定した通信が得られます。ときどきわずかに音が途切れることがありますが、基本的に通信は安定しており、混雑した場所でも接続は維持されていました。

バッテリー性能

TRN T300は大容量ケースを実現しており、最大再生時間は最大72時間に達します。しかし、イヤホン単体の連続再生時間は最大4時間であり、一回あたりの連続使用可能時間はそれほど長くありません。通勤通学には十分で、カジュアルな使用であれば、1週間無充電でも十分使えるでしょう。

防水性能

TRN T300の防水性能はIPX5です。このクラスの防水性能があれば、スポーツ用途であれば充分です。防汗はしっかりしており、多少の雨であれば装着したままで問題ありません。ただし、水没には弱いので激しい雨が降ってきたら注意が必要です。

[水の侵入に対する保護等級]
0級:特に保護がされていない
1級:鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
2級:鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
3級:鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
4級:あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
5級:あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
6級:あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
7級:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
8級:継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

https://www.goodspress.jp/howto/11516/2/

音質

TRN-T300には、2発の30019高周波アーマチュアドライバーと8mmデュアル磁気回路ダイナミックドライバーが内蔵されています。

低音は厚みがあり、豊かで、中域は滑らかです。高域はディテールに優れ、トランジェントコンロールに優れます。ボーカルは耳に近く、音の印象は少し引き延ばされて洗練されたシェイプが感じられ、音像は全体的に明るく、解像感の高い音を好むユーザーを満足させます。

コストパフォーマンス

TRN T300は1万円以下で手に入る完全ワイヤレスイヤホンとは思えない、ディテールのあるサウンドを聞かせてくれます。通信品質も十分で、デザインも洗練されており、価格に対する期待に応え、十分な満足感を与えてくれます。

TRN T300

¥9280
8.7

装着感

9.0/10

バッテリー

8.5/10

通信品質

9.0/10

防水性能

7.0/10

高音

8.5/10

中音

8.0/10

低音

8.5/10

コスパ

10.0/10

お気に入り度

9.5/10

Pros

  • ハイブリッドドライバー
  • 洗練されたデザイン
  • 良好な装着感
  • ディテールの良いサウンド
  • バッテリー残量の確認が簡単
  • 安定した通信品質

Cons

  • 平凡な連続再生時間