【レビュー】おすすめのワイヤレスイヤホン:SONY WI-C300

2019年5月30日

SONY WI-C300
SONY WI-C300
ソニー SONY ワイヤレスイヤホン WI-C300 : Bluetooth対応 最大8時間連続再生 マイク付き 2018年モデル ブラック WI-C300 B

SONYのワイヤレスイヤホン入門機です。シンプルで使いやすいデザインで、気軽に持ち運べるカジュアルな機種です。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

外観はチープ、フィット感は良い

入門機だけあって、デザインはシンプルで少しチープです。ビルドクオリティは高いとは言えず、細いケーブルは断線しやすいのでテンションをかけ過ぎないように気をつける必要があります。

小型のハウジングとノズルは耳への収まりが良いです。軽量で耳道に負担を掛けないので、長時間のリスニングでも疲れません。通気性も良く、快適な温度が維持されるので、耳に蒸れる感じはあまりありません。

遮音性は高域音を適切にカットしてくれ、中域も比較的良好に遮断しますが、低域音に対してはそれほど遮音性は高くありませんが、日常的な場面で不足を感じません。

音漏れはほとんどありません。

バッテリー性能

一度の充電で連続8時間音楽を再生出来ます。バッテリーの充電は2時間以内に完了します。

通信性能

少しだけ遅延が目立ちますが、通信品質は安定しています。動画再生時だけ少し違和感を感じる可能性があります。ゲーム向きではありません。

防水性能

防水性能はありません。

音質

低域は少しブーミーです。低域はイヤーピースのフィット感に大きく影響されるので、印象は若干異なる可能性がありますが、それでも基本的にはSONYらしい厚ぼったい低域が感じられるはずです。この低域は音楽再生には必ずしも有利とは言えませんが、外音の遮断性に優れており没入感を高めています。

中域はかなりバランスが取れており、上に向かうにつれてやや前屈みになる音です。ボーカルは自然ですが、少し太く感じられる可能性があります。

高域は明るめで前屈みです。音場はややシャープな発色で聞こえると思いますが、サ行やタ行はそれほど尖りません。

コストパフォーマンス

コストパフォーマンスは優秀ではありませんが、平均以上です。標準的な使い勝手とバッテリー性能を持ち、音質は没入感が高い音で、外音から音楽を良く分離します。装着感も良好で全体的なクオリティはチープな見た目よりはだいぶ高いです。

より詳しい情報

より詳しい情報については以下のレビューを参考にしてください。

SONY WI-C300

7.6

装着感

9.0/10

バッテリー

7.0/10

通信品質

8.0/10

防水性能

4.0/10

高音

8.0/10

中音

8.5/10

低音

7.5/10

コスパ

8.5/10

Pros

  • 付け心地の良さ
  • 没入感の高い音質
  • シンプルでわかりやすいデザイン

Cons

  • 防水性能が無い
  • 断線しやすい
  • チープな外観

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...