【レビュー】おすすめのイヤホン:DITA DREAM XLS

2020年1月28日

DITA DREAM XLS
DITA DREAM XLS
DITA Dream XLS ダイナミックドライバー&チタン製筐体イヤホン

シンガポールに拠点を置くDITAのフラッグシップIEMが「DITA DREAM XLS」です。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

DITA DREAM XLSはチタン製の頑強なハウジングを持ち、サファイアガラスの美しいフェイスプレートがはめ込まれています。その見た目は優美で、シックかつゴージャスであり、所有欲を十分に満たしてくれます。

標準で付属するOSLOケーブルは柔軟で工作精度も高く、先端部は交換可能なプラグ変換アダプタが付属しているので、どんなデジタルオーディオプレーヤーとも簡単に合わせられます。タッチノイズだけわずかに目立つ以外、このケーブルに欠点はありません。

仕様など

■製品名: Dream XLS
■筐体: チタン
■ドライバー: Ultra-linear 10mm Dynamic Driver Gen.XLS(ダイナミック型)
■周波数特性:10-25,000Hz
■インピーダンス: 22 Ω
■感度: 104 dB/mW
■ケーブル: OSLOケーブル1.2m / Awesomeプラグ(3.5mm/3極)

https://www.ditaaudio-japan.com/dream-xls

音質

DITA DREAM XLSの音を聞いた人が誰もが感じるのは、その音像の明瞭性に対するこだわりです。音が透明に光沢をきれいに伴って、輪郭もはっきりと浮かび上がってくる感覚をDREAM XLSはもたらしてくれるでしょう。

低域

DREAM XLSの低域はダイナミック型には珍しく、明確な強調がされていない、滑らかな音に聞こえます。力強い感じは少し足りないかもしれません。温かみもあまり感じられません。どちらかと言えば透明で見通しの良い音ですが、ハイエンドのダイナミックドライバーイヤホンとしてはパワフルさに欠けるのは事実です。これはDREAM XLSが透明感を大事にしているためと思われますが、いささかクリアすぎる気がします。

中域

すでに述べたように低域のマスキングはまったくないので、中域は十分にクリアです。この中域でDREAM XLSは最も鮮やかで輝きます。高域に向かって少し明るく伸びていく感じがありますが、基本的には艶やかで透明感のある音を、中域で存分に聞かせてくれるのがこのイヤホンです。中域にはほどよいボディがあり、ボーカルは十分に生々しいです。楽器音は広くよく整理されているだけでなく、個々の音がくっきりと明瞭に聞こえる感覚があるでしょう。

高域

DREAM XLSは高域で刺さりを避けてマイルドに抜けるので、高さはそれほど強調されません。中高域から高域にかけてが強調されているうえに、抜けはほどほど抑えられているので、手応えの硬いカチッとした感触があるでしょう。

音場

音場はオープンで、広めに感じられるはずです。高さは適度に抑えられてはいますが、低域がクリアでやや床抜けした感じがあり、基本的に開放的な空間が広がっています。

コストパフォーマンス

DITA DREAM XLSはハイエンドであり、この価格帯では真の意味でコストパフォーマンスなどは存在していません。価格帯では優秀なクリア感を持った音ですが、ダイナミックドライバーらしい力強さには少し欠けるので、熟慮が必要かもしれません。価格帯ではFAudio Majorが同等クラスなので、聴き比べてみるとよいでしょう。

DITA DREAM XLS

8.2

装着感

8.5/10

高音

8.5/10

中音

9.5/10

低音

8.0/10

コスパ

6.5/10

Pros

  • 高級感がある
  • ビルドクオリティが高い
  • 明瞭でクリアな音質

Cons

  • 音が硬い
  • 低域が薄味