【レビュー】おすすめのヘッドホン:BLON B20

BLON B20
BLON B20
BLON B20 HIFIシングル平面磁気ヘッドホン 軽量97*76mmの平面磁気ドライバを搭載 木材のヘッドホン輪郭と金属製のヘッドバンド 柔らかいイヤーマフ リケーブル可能 PC/携帯電話/ラジオ/ビデオなど対応でき オッペン/オーバー型ステレオヘッドホン

BLONはほとんど知られていないメーカーですが、2019年に一部のオーディオファンの間で話題になったブランドです。そのBLONから平面駆動型のヘッドホンが登場しました。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

BLON B20の梱包は簡素で、薄型のボックスに入れられており、窓からB20の姿が覗いています。重さは約460gあり、武骨なデザインで装着感は少し重く、手応えがあるフィットです。フレームはスチールで構成されており、非常に頑丈です。

仕様など

パラメーター
製品名:BLON B20 HIFIシングル平面磁気ヘッドホン
ブランド:BLON
モデル:B20
ドライバ:97*76mm平面磁気ドライバ
輪郭:木
ヘッドバンド:金属
ケーブルプラグ:3.5mm
感度:96db
周波数反応範囲:20-40000hz
インピーダンス:32Ω
重量:460g

amazonの商品ページ

音質

B20は低域と中高域に強調点があり、マクロディテールと鮮明度は良好ですが、やや細かな詳細さに欠ける印象を受けます。

低域

低域は優れたアタックを持っており、深みもあります。やや量感は多めですが、過剰感はありません。中低域は高速でパンチが聴いており、スピード感があって、ディケイも速度があるのでタイトでコントロール良く聞こえます。

中域

ボーカルは後退します。ボディは薄くなるので、ボーカルの子音は刺さりがちになります。明瞭感は高く、楽器の分離感も悪くありませんが、自然な厚みには少し欠けるかも知れません。

高域

高域は良く拡張されており、鮮明です。ディテールは自然で滑らかで、活き活きしています。輝きが適度にありオープンで、伸びやかでゆったりしています。

音場

開放型としては音場はそれほど広くありません。ヘッドホンの平均よりは広めです。

コストパフォーマンス

BLON B20のビルドクオリティは良好で、音質は活気に満ちた少し明るいトーンとダイナミックなプレゼンテーションを持っています。ドンシャリ系の鮮やかで元気な音が好きな人にアピールするヘッドホンです。ただし、ボーカルは鮮明ですが豊かではありません。価格は充分に納得できるものですが、競合相手はHIFIMAN SUNDARAで、より濃厚な音が好きなら、そちらを選んだ方が良いでしょう。

BLON B20

8.2

装着感

8.5/10

高音

8.0/10

中音

7.5/10

低音

8.5/10

コスパ

8.5/10

Pros

  • ビルドクオリティが高い
  • 快適なイヤーパッド
  • 着脱可能なケーブル
  • パワフルでスピード感のある低域
  • 明瞭感のある高域

Cons

  • 装着感が重い
  • 中域がやや貧弱