【レビュー】おすすめの完全ワイヤレスイヤホン:Anker Soundcore Liberty Air 2

Anker Soundcore Liberty 2
Anker Soundcore Liberty Air 2
Anker Soundcore Liberty Air 2(完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0)【IPX5防水規格 / 最大28時間音楽再生 / ワイヤレス充電対応/HearID機能/Qualcomm aptX™ / cVc8.0ノイズキャンセリング / マイク内蔵/PSE認証済/WEB会議/テレワーク】ブラック

大好評を博したAnker Soundcore Liberty Airの後継機種がSoundcore Liberty Air 2です。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンを紹介します[5000円以下編] - audio-sound @ hatena

魅力的な完全ワイヤレスイヤホンたちをご紹介!  当ブログではこれまでおそらく200機種以上の完全ワイヤレスイヤホン を紹介してきました。ほぼ毎日レビュー記事を書いているので、なかなかまとめる機会がありませんでしたが、今回その中でも最近のお気に入りでコスパ最強と言える機種を価格帯別に紹介しようと思います。  今回は5000円以下で購入できる機種から紹介します。 5000円以下のお気に入り機種 ...

高機能な音質調整アプリが付属

Anker Soundcore Liberty Air 2は1万円を切る価格設定でありながら、高機能なSoundcoreアプリを使用することができます。Soundcoreアプリには22種類のイコライザーが搭載されており、再生する音楽に合わせて自分好みの音質に調整することができます。さらにHearID機能が搭載されており、アプリ上の聴覚テストを通して自分に最適化されたHearing Profileを作成することができます。こうした高度なアプリは普通1万円以下の低価格モデルには付属しません。

仕様など

  • 再生可能時間:最大7時間(イヤホン本体のみ) / 最大28時間(充電ケース使用時)
  • 充電ポート:USB Type-C
  • 充電時間:約1.5時間(イヤホン) / 約2時間(充電ケース *USBケーブル使用時) / 約3.5時間(充電ケース *ワイヤレス充電器使用時)
  • 重さ:約53g(充電ケース含む)
  • 防水規格:IPX5
  • 通信方式:Bluetooth 5.0
  • Bluetoothプロファイル:A2DP, AVRCP, HFP
  • 対応コーデック:AAC / SBC / aptX

価格帯では優秀なマイク品質

Soundcore Liberty Air 2のもうひとつの魅力がマイク品質の高さです。この価格帯の完全ワイヤレスイヤホンで通話のマイク品質に期待することはあまりできませんが、Soundcore Liberty Air 2は数少ない例外です。前世代のSoundcore Liberty Airから大きく改善された通話品質は、マイクを前世代の2倍の4つに増やしたことにより実現されました。この機種のマイクは騒々しい場所でもかなりうまく動作するので、マイク品質を重視する人は選択肢に入れておいて良いでしょう。

片側だけでも使えるので、テレワーク用のヘッドセットとしても魅力的です。

Qiワイヤレス充電に対応

驚くべきことに、低価格機種でありながらQiワイヤレス充電に対応しています。この価格帯の機種ではこの機能を持っている機種はほとんどありません。対応する充電器と組み合わせれば、Soundcore Liberty Air 2をケーブルレスで使用することができるようになります。

バッテリー性能

イヤホン単体で連続再生7時間、バッテリーケース込みで最大28時間までの音楽再生を可能にしています。一日中使っていてもバッテリーはなくなりません。

通信品質

QCC3020を搭載し、高音質コーデックであるaptXに対応しているSoundcore Liberty Air 2は通信性能にも優れています。外出時、人の多い大通りでもほとんど途切れることなく使用できます。駅の構内や改札付近など人が多いところでは途切れる場合もありますが、基本的に高い安定性を実現しており、ほとんどストレスなく音楽を聞くことができます。

防水性能

防水性能はIPX5です。このクラスの防水性能があれば、スポーツ用途であれば充分です。防汗はしっかりしており、多少の雨であれば装着したままで問題ありません。ただし、水没には弱いので激しい雨が降ってきたら注意が必要です。

[水の侵入に対する保護等級]
0級:特に保護がされていない
1級:鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
2級:鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
3級:鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
4級:あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
5級:あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
6級:あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
7級:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
8級:継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

https://www.goodspress.jp/howto/11516/2/

音質

Ankerのもう一つの低価格aptX対応完全ワイヤレスイヤホンAnker Soundcore Life P2と比べて、Soundcore Air 2の音質は全体的に明るくなっています。音の印象が明瞭ではっきりしたものになっており、とくに輝きの強い印象を受けるでしょう。ゆったりした感じのあったニュートラルサウンドのLife P2に比べてシャープです。低域も強調があるので、ロックなどでは少しノイズ感が出る可能性があり、ボーカルを遠く感じることもあるかもしれません。カジュアルライクな若いドンシャリサウンドで、ポップスやEDM、ロックなどを楽しく聞かせてくれます。

シャープな音はお好みでない?ご安心ください。Soundcoreアプリでトレブルディフューザーを選び、高域を落ち着かせることができます。イコライザー設定はイヤホン本体に記憶されるので、もう一度アプリで設定を変えない限り、どんな機器とつないでも同じ音質が維持されます。

コストパフォーマンス

Anker Soundcore Liberty 2は1万円以下で買える完全ワイヤレスイヤホンとしては高機能でとても魅力的な製品です。総合的なコストパフォーマンスは高いと言えます。音質は明るめのドンシャリサウンドで好みを分けるところがあるかもしれませんが、Soundcoreアプリのイコライザーでいくらか調整可能です。マイク通話の品質が高めなので、チャットやテレワークのヘッドセットとしても使い勝手が良いです。

Anker Soundcore Liberty Air 2

8.8

装着感

8.0/10

バッテリー

8.5/10

通信品質

9.0/10

防水性能

7.0/10

高音

9.0/10

中音

8.0/10

低音

8.5/10

コスパ

10.0/10

お気に入り度

10.0/10

高機能

10.0/10

Pros

  • コスパが良い
  • 通信品質が良好
  • 高機能な付属アプリ
  • 優れたマイク品質
  • カジュアルなサウンド
  • 明るい高域
  • 重い低域

Cons

  • 派手な音
  • タッチコントロールの精度が悪い