【レビュー】おすすめの完全ワイヤレスイヤホン:AVIOT TE-D01d

2019年5月30日

AVIOT TE-D01d
AVIOT TE-D01d
AVIOT 日本のオーディオメーカー Bluetooth イヤホン 完全ワイヤレス TE-D01d (ネイビー)

「日本の音」を売り文句にしている国内オーディオブランド(製造は中国)のAVIOTから大変コスパの良いイヤホンが出ています。それがTE-D01dです。このブランドの製品はNUARLと同じ製造元に発注しているようで、販売店員さんを通じて確認したところ、同じ製造元であるとの情報を得られました。したがって、素性的には音質評価の高いNUARL NT01AXとほぼ同じ構成で作られていると思われ、実際チューニングやHDSSに由来すると思われる風味のわずかな違いを除けば、音の印象的には似ています。

【特集】価格帯別で選ぶ!5000円以下!コスパのよいおすすめ完全ワイヤレスイヤホン【左右分離型】[2019/11/12 最新版] - audio-sound @ hatena

今回は人気のワイヤレスイヤホンの中から、実際に使ってみて特にコスパが高いと思われる機種を紹介します。去年までの完全ワイヤレスモデルの傾向というと、低価格帯完全ワイヤレスモデルはあまり質が良いものがなく、有名メーカー製は高すぎて高嶺の花という感じでした。しかし、2018年になると有名メーカー製もラインナップが充実し、低価格モデルは洗練されて、中にはメーカー製と渡り合える実力派も出てきました。今日は皆さんに、より抜いた粒ぞろいの実力派イヤホンたちを紹介します。  なお、めんどくさい人は「一番のオススメは?」のところから確認してください。 5000円以下のオススメモデル  この価格帯は完全ワイヤレスイヤホンとしては底辺で、エントリークラスになります。安いモデルは3000円を切る価格からありますが、一定の実力があるモデルは3000円以上のモデルがほとんどです。 Dudios Zeus Ace Zagzog TWS-M3 Eleoption N09 Orit OR01 MEBUYZ E18 SRUIK D09 TaoTronics SOUNDLIBERTY 53 GUSGU GSG-T10 Enacfire Future Plus  この機種は EnacFire Future のマイナーチェンジバージョンでイヤホン本体にはほとんど改良が加えられていません。充電ケースだけ、モバイルバッテリー機能付きの大容量のものに変更されており、いわゆる「モンスタースペック」系になりました。Futureの弱点が最大再生時間の短さだったので、この変更は適切に思えます。  音質はFuture譲りの重厚感のあるフラットサウンドで、SoundPEATS系イヤホンに多い、低域重視サウンドです。高域は比較的おとなしく、どちらかといえば低域が張り出してライブ感を強調します。没入感の高いサウンドで外音遮断性が高めなので、外出時に音楽に没頭したい人にはおすすめできます。 UENO WA-X1(F8) FEYCH NB-T01 Hiyoo A66(A8-C5) EnacFire E18 plus  E18 Plusという名前ですが、 Future Plusと違って元となったE18がどの機種かは不明です。 MEBUYZ E18の可能性もありますが、音質やデザインにかなり変更が加えられているので、イヤホン本体は Future と大差なかったFuture Plusと違ってほとんど別機種です。  音質的にはフラットに近いですが、低域はやや抑えめで、中高域以上にフォーカスがあります。そのため、ハイファイ感がある見通しの良い透明感のある音質になっているのが特徴で、現代的なEDMやアイドルソング、アニソンと相性が良いです。  この価格帯では珍しく、高音質コーデックaptXに対応しているのも特徴で、通信安定性が高めです。

NT01AXの代替機として人気が出た

こちらはモバイルバッテリー機能があるなど差はいろいろとありますが、発売当初から、品薄なNUARL NT01AXの代替機として注目され、価格差もあって人気に火が付き、カカクコムでは2019年4月現在、NUARL NT01AXに次いで不動の2位という人気を博しています。

使い勝手はNT01AXとほぼ同等で、アナウンスがAVIOT伝統の声優ボイスで違いを感じるという程度です。音質的にはこちらのほうが音が剥き出しで聞こえるところがあり、低域音はより聞こえやすいです。そのため、全体的にコントラスト感は高めでメリハリよく聞こえるところもあり、NT01AXに比べて、ロックやクラブサウンド、テクノ系など演出感が強い曲ではっきりした音を出す傾向にあります。若干聞き疲れしやすいのとNT01AXほど高域に自然なのびやかさがないので、好みを分けるところはありますが、こちらの音が好きという人も多いでしょう。女性ボーカルの発色は明瞭性が高い分だけTE-D01bのほうがきれいに聞こえるという人も多いはずです。

使い勝手は良い

NT01AXの評価が高いケースとほぼ同じデザインのケースを採用しています。TE-D01dはさらにモバイルバッテリー機能もついており、スマホの緊急充電なども行えます。この大容量ケースによって、イヤホン単体の連続再生時間は10時間とNT01AXと同等ながら、ケース込みの最大再生時間はNT01AXに大きく勝り、100時間を誇ります。これは現状最高クラスのスペックと言えます。

イヤホンの装着感もよく、物理ボタン式で誤操作も少ないため、現状では使い勝手の面でも最も洗練されている機種の一つです。ただしNT01AXと同様に操作時のインターフェース音が大きい傾向にありますので、その点だけ気になる人が多いようです。

防水性能はIPX4

基本設計はNT01AXと変わらないようで、防水性能も同等です。IPX4の防水性能は多少の風雨も大丈夫というレベルですが、水没には弱いので、実際は防汗性能レベルと考えた方が良いです。汗を掻く程度なら影響ありませんが、雨が降ったら念のため使用を中止するのがいいでしょう。

[水の侵入に対する保護等級]
0級:特に保護がされていない
1級:鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
2級:鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
3級:鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
4級:あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
5級:あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
6級:あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
7級:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
8級:継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

https://www.goodspress.jp/howto/11516/2/

音質

すでに紹介しましたが、このイヤホンの音質の特徴は「わかりやすい音」です。輪郭が良く、厚みのある低域、ほどよく伸びて光沢感もある高域、発色が素直でわかりやすい中域というバランスで、やや風味に欠けるところはありますが、音の明瞭感が高い音質を持っているのが特徴です。そのため元気な音楽を快活に聴かせてくれます。クラシックなど場の雰囲気が重要になってくる音楽に対しては明瞭感が強すぎてはっきりしすぎるところがあり、落ち着きがない印象を受けますが、ロックやダンスミュージックは楽しく聴けます。

音質的に明るい傾向が強いことは事実なので、この音がキラキラしすぎていると思う場合は、ZERO AUDIO TWZ-1000Skullcandy Pushを検討すると良いです。逆にもうちょっと優雅に音を楽しみたい場合はNT01AXを選ぶと幸せになれるかも知れません。

コストパフォーマンス

実質的にNUARL NT01AXと同等以上の製品が5000円以上安く手に入るということを考えると、コスパが優れているのは当たり前とも思えます。少なくとも同価格帯のNUARL NT01Bに比べれば、こちらを選んだ方が良いと考える人は多いでしょう。音質的にもNT01AXよりはNT01Bに似ています。1万円台では抜群に優秀なコスパを誇ることは事実で、とくにおすすめできるイヤホンです。

より詳しい情報

より詳しい情報については以下のレビューを参考にしてください。

AVIOT TE-D01d

8.8

装着感

8.5/10

バッテリー

9.8/10

通信品質

9.5/10

防水性能

6.0/10

高音

8.5/10

中音

8.5/10

低音

8.5/10

コスパ

10.0/10

お気に入り度

9.5/10

Pros

  • コスパが良い
  • 口コミでの人気
  • 明瞭感のある音質
  • バッテリー性能が優秀
  • 通信品質が高い
  • ユーザー満足度が高い

Cons

  • 入手困難

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...