【レビュー】おすすめの完全ワイヤレスイヤホン:Mpow M5

Mpow M5
Mpow M5
【T5進化版】Mpow M5 Bluetooth ワイヤレス イヤホン AAC/APT-X対応 レザー調 6時間再生 IPX7防水規格

Mpowの人気完全ワイヤレスイヤホンT5がリニューアルして帰ってきました。マイナーチェンジに留まるので、基本的にはT5の使い勝手をそのまま継承しています。

【特集】価格帯別で選ぶ!5000円以下!コスパのよいおすすめ完全ワイヤレスイヤホン【左右分離型】[2019/11/12 最新版] - audio-sound @ hatena

今回は人気のワイヤレスイヤホンの中から、実際に使ってみて特にコスパが高いと思われる機種を紹介します。去年までの完全ワイヤレスモデルの傾向というと、低価格帯完全ワイヤレスモデルはあまり質が良いものがなく、有名メーカー製は高すぎて高嶺の花という感じでした。しかし、2018年になると有名メーカー製もラインナップが充実し、低価格モデルは洗練されて、中にはメーカー製と渡り合える実力派も出てきました。今日は皆さんに、より抜いた粒ぞろいの実力派イヤホンたちを紹介します。  なお、めんどくさい人は「一番のオススメは?」のところから確認してください。 5000円以下のオススメモデル  この価格帯は完全ワイヤレスイヤホンとしては底辺で、エントリークラスになります。安いモデルは3000円を切る価格からありますが、一定の実力があるモデルは3000円以上のモデルがほとんどです。 Dudios Zeus Ace Zagzog TWS-M3 Eleoption N09 Orit OR01 MEBUYZ E18 SRUIK D09 TaoTronics SOUNDLIBERTY 53 GUSGU GSG-T10 Enacfire Future Plus  この機種は EnacFire Future のマイナーチェンジバージョンでイヤホン本体にはほとんど改良が加えられていません。充電ケースだけ、モバイルバッテリー機能付きの大容量のものに変更されており、いわゆる「モンスタースペック」系になりました。Futureの弱点が最大再生時間の短さだったので、この変更は適切に思えます。  音質はFuture譲りの重厚感のあるフラットサウンドで、SoundPEATS系イヤホンに多い、低域重視サウンドです。高域は比較的おとなしく、どちらかといえば低域が張り出してライブ感を強調します。没入感の高いサウンドで外音遮断性が高めなので、外出時に音楽に没頭したい人にはおすすめできます。 UENO WA-X1(F8) FEYCH NB-T01 Hiyoo A66(A8-C5) EnacFire E18 plus  E18 Plusという名前ですが、 Future Plusと違って元となったE18がどの機種かは不明です。 MEBUYZ E18の可能性もありますが、音質やデザインにかなり変更が加えられているので、イヤホン本体は Future と大差なかったFuture Plusと違ってほとんど別機種です。  音質的にはフラットに近いですが、低域はやや抑えめで、中高域以上にフォーカスがあります。そのため、ハイファイ感がある見通しの良い透明感のある音質になっているのが特徴で、現代的なEDMやアイドルソング、アニソンと相性が良いです。  この価格帯では珍しく、高音質コーデックaptXに対応しているのも特徴で、通信安定性が高めです。

人気製品、Mpow T5

M5の前世代機、Mpow T5の特徴は5000円くらいの低価格完全ワイヤレスイヤホンで初めてQualcommのQCC3026チップを搭載していることでした。QCC3026チップ搭載の機種は2018年11月ごろから徐々に出回り始めましたが、どの機種も高い通信安定性とバッテリー効率を持っており、しかも高音質コーデックaptXに対応していることで、人気を集め、フルワイヤレスイヤホンの勢力図は地殻変動を起こしたと言っても過言ではないほど、激変しました。

T5が出た頃にはこのQCC3026チップ搭載機種は1万円以上のミドルレンジ価格帯中心でしたが、T5はいち早く5000円近くの値段で安くこのQCC3026を提供しました。その後、マイナーチェンジをして型番は「T5」のままチップをQCC3020に変更しましたが、さらに今回また調整を加えたバージョンが「M5」になります。

仕様など

製品仕様
モデル:BH322B
bluetoothバージョン:Ver.5.0
動作範囲:見通し約10m(動作環境により異なります)
対応オーディオ:AAC&APT-X
対応bluetooth プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP
イヤホン通話/再生時間:6時間
ケース再生時間:36時間
防水レベル:IPX7
使用周波数帯域:2402MHz-2480MHz

amazonの商品ページ

通信性能

QCC3020搭載機種は基本的に通信性能が高めです。1万円クラスの通信品質を廉価な価格で実現しているのは魅力です。

バッテリー性能

バッテリー性能も優秀です。イヤホン単体の連続再生時間は6時間。充電は6回できるので、最大42時間の連続再生が可能です。

防水性能

この製品は高い防水性能を誇っていて、なんとIPX基準で7等級もの性能を持っています。これは風呂場で使っても問題ないレベルです。IPX8というのは各メーカーがIPX7を越えると判断したときに用いられる基準なので、IPX7はテスト基準上IPX等級の最上位であり、水泳など明らかに長時間水に浸かる状態が続かなければ、故障の心配はありません。地上では、ほぼ場所と場面を選ばず使える製品となります。

[水の侵入に対する保護等級]
0級:特に保護がされていない
1級:鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
2級:鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
3級:鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
4級:あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
5級:あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
6級:あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
7級:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
8級:継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

https://www.goodspress.jp/howto/11516/2/

音質

この機種とそっくりなAVIOT TE-D01bは音元出版のオーディオビジュアルアワードである「VGP」で部門金賞を取っているほどの実力機です。もちろん同じ筐体やドライバーを採用したからといって同じ音質チューニングでなければ、音の味わいは変わります。AVIOTはとくにその優れたチューニングで評価されているメーカーですから、仮に素性が同等でも同レベルの音質を実現しているとは限りません。

実際のところ、AVIOT TE-D01bの明るく華やかな色合いのある音に比べると、このT5はもう少し落ち着いていて、高域ではTE-D01bほどの解像度感はありません。それでも素性の良さからくる高中低の分離感のよさは感じられ、ややぎっしりした感じになりますが、低価格とは思えない音質を奏でます。価格差を考えると、充分以上に健闘していると言えます。

コストパフォーマンス

この価格でQCC3020を搭載し、音質も使い勝手も優秀です。その両方で1万円クラスに肉薄しているので、この価格帯では真っ先におすすめできる機種の一つです。

より詳しい情報

より詳しい情報については以下のレビューを参考にして下さい。

Mpow M5

8.8

装着感

8.5/10

バッテリー

9.5/10

通信品質

9.5/10

防水性能

9.0/10

高音

8.0/10

中音

7.5/10

低音

8.0/10

コスパ

10.0/10

Pros

  • 高い接続安定性
  • 優秀な防水性能
  • 良好な装着感
  • 高い通信品質

Cons

  • 知名度が低い

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...