【レビュー】おすすめの中華イヤホン:NICEHCK F3

2020年3月15日

NICEHCK F3

NICEHCK F3
NICEHCK F3 カナル型イヤホン 1*平面磁気ドライバー+バランスドアーマチュア1基+ダイナミック型ドライバー1基 片側に3基のドライバーユニット 2Pinコネクタ 平面駆動型イヤフォン 上位機種 ハイブリッド型 ケーブル着脱式 金属筐体1*平面磁気ドライバー+1BA+1DD 3.5mmプラグ 高音質 高遮音性 高解像度 HIFI ハイファイ 8芯銀メッキ銅線付属 IEM(2PIN, F3 銀)

NICEHCKからBA1基、平面駆動型ドライバー1基、ダイナミックドライバー1基というかなり変則的な構成のイヤホンがリリースされました。なかなか面白い音です。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティは高い

アルミニウム合金製のハウジングのビルドクオリティは高く、鏡面仕上げされていて非常に眩しく輝きます。カスタムIEMのような人間工学的デザインで耳当たりは良く、装着感も良好です。F3は全体的にクオリティの高い工作精度を持っています。

仕様など

仕様:
1.製品名:NICEHCK F3 1*平面磁気ドライバー+1BA+1DD カナル型イヤホン
2.ブランド:NICEHCK
3.モデル:F3
4.イヤホン種類:カナル型イヤホン
5.インピーダンス:16Ω
6.感度:95dB
7.再生周波数帯域:20-28000Hz
8.プラグ:3.5mm
コネクタ:2Pin
ケーブル長:1.2m±5cm
色:银色
ケーブル材質:8芯銀メッキ高純銅ケーブル

amazonの商品ページ

音質

音質はやや混乱しているように思われます。高域は明らかに尖ったキャラクターを持っていて、かなりきつく聞こえるかも知れません。解像度は高いですが、やや華美といってよい音で高域の強調は全体のバランスを見ると、いささか度が過ぎています。中域と低域のコントロールが良く解像度の高い感じを台無しにするところがあります。

低域は量感はそれほど強くありませんが、スピードがありタイトな音です。ディテール感はよく、ニュートラルな音でウォームな感じはありません。個性が強い音ではありませんが、深くまで届いており、クリーンな印象を受けます。

中域は平面駆動型ドライバーが担当していますが、その特性をよく感じさせる分離の良い音です。ボーカル、とくに女性の声は精彩が乗って聞こえます。弦楽、ギターの表現も美しいです。中域では広い音場を感じることもでき、それはとても開放的です。

高域は明らかに度を超して煌めいています。解像度が高く、発色もきれいですが、主張が強くて落ち着かせてくれません。刺さりはきつく、リスニング向けとしても安定せず、モニター向けとしても集中力をかき乱すような音です。シンバルは白化して聞こえるでしょう。

コストパフォーマンス

珍しい構成の面白いイヤホンを探しているなら、個性的なこのイヤホンはおすすめできます。中域と低域はかなり上質です。高域だけおかしな調整になっているのがいかにもNICEHCKという感じですが、こういう音が好きな人もいるでしょう。しかしそんな人は稀です。明らかに度を超した高域だけがこのイヤホンをピーキーなものにしており、非常に惜しい製品です。

NICEHCK M6NICEHCK N3でも高域のバランスがおかしかったので、このメーカーは必要以上に高域を盛る傾向があるのかも知れません。たしかに高域の音をブーストすれば音場は明るくなりやすく、第一印象の音が綺麗に聞こえますが、やりすぎると音楽がうるさくなり破綻します。高域の演出過剰は、 個人的にはこのメーカーの悪い癖のように思います。

NICEHCK F3

7.8

装着感

9.0/10

高音

6.0/10

中音

8.5/10

低音

8.5/10

コスパ

7.0/10

Pros

  • 質の良い中域と低域
  • 高いビルドクオリティ
  • 高級感のある外観
  • 良好な装着感

Cons

  • 尖って荒れる高域