中華イヤホンの素晴らしい世界(ベストセラー中華イヤホン 2021)

オーディオコミュニティではここ数年、皆が中華イヤホンに夢中です。こうした中華イヤホンのほとんどが無名に近いメーカーで、amazonAliexpressといった通販サイトでしか入手できません。一般的な家電量販店で実物を見ることはできないので、一般の人々には少し敷居が高い印象を与えるかもしれません。そのうえ、中華イヤホンの数は膨大です。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンを紹介します[5000円以下編] - audio-sound @ hatena

魅力的な完全ワイヤレスイヤホンたちをご紹介!  当ブログではこれまでおそらく200機種以上の完全ワイヤレスイヤホン を紹介してきました。ほぼ毎日レビュー記事を書いているので、なかなかまとめる機会がありませんでしたが、今回その中でも最近のお気に入りでコスパ最強と言える機種を価格帯別に紹介しようと思います。  今回は5000円以下で購入できる機種から紹介します。 5000円以下のお気に入り機種 ...

驚くべき安さ

中華イヤホンはスペックに対して驚くべき安さで提供されているように思えます。実際それは優れた製品なのかと疑問に思うでしょう。しかし、それほど心配する必要はありません。多くの有名ブランドの製品が中国で製造されているため、中国にはオーディオ製品の専門知識と材料、そして製造設備が集中しています。さらに世界中に発送するための流通網も整備されています。中華イヤホンメーカーの一部はこうした一流ブランドのOEMサプライヤーとして出発したものもあり、あるいは工場を退社したエンジニアが創業したものもあります。ブランドの一部は実際には商社であり、一流ブランドと同じOEMサプライヤーを利用して自社製品を委託製造し、販売しているものもあります。

一流ブランド品が高い理由

ケーブル、ケース、ドライバー、配線などのオーディオコンポーネントは最高品質のものであっても実際の原価はそれほど高くありません。そのため、オーディオコンポーネントレベルで最高品質の製品を安く作ることは困難ではありません。それでも、かつての中華イヤホンはスペックには優れていてもサウンドバランスやビルドクオリティに劣っていることが多かったのですが、最近は経験を積んだサウンドデザイナーや工業デザイナーが中華イヤホンの業界に流れてきており、クオリティは高まっています。しかしながら、現状の中華イヤホンには、BOSEやSONY、GRADO、audio-technicaなどといった一流オーディオブランド製品のような理念、一貫性、何より信頼性が欠けています。中華イヤホンの多くにはブランド戦略がありません。

有名ブランドのブランド戦略はユーザーに長期的視野に基づいた安定した品質と安心感、そして所有の満足感を与えますが、同時にそれは高いコストを代償とします。有名オーディオブランド製品には製品テスト、設計、マーケティング、パッケージ費用、サポート体制の構築費用、卸や販売業者への手数料など多数のコストがかかっています。中華イヤホンはこれらの多くのコストをカットすることができます。

中国ではイヤホン事業への参入障壁は低い

中華イヤホンのベンダーのほとんどはホームページすら持っていません。しかし、彼らは有名ブランドと同じ工場からコンポーネントを仕入れ、組み立てるのにそれほどコストはかかりません。このビジネスに参加するのは非常に容易なので、ここ数年中国ではオーディオブランドが爆発的に増えています。

中華イヤホンにまつわる影の問題は知的財産権の問題です。有名ブランドの偽造モデルはつねに出回っています。これは明らかに問題です。また中華イヤホンの中にはデザイン的に明らかに有名製品からインスピレーションを得ているものがありますが、多くの場合、それは法的な問題を生じさせません。

伝統的なオーディオギアは高すぎる?

市場には10万円を超えるオーディオギアが多数存在していますが、廉価な中華イヤホンの存在はそれらに疑問を投げかけます。中華イヤホンのブランドの一部はブランド戦略に成功し、10万円を超える製品をリリースしていますが、そうしたブランドは稀です。そして中華イヤホンのメインコンシューマーはコストパフォーマンスを重視するので、そうした高級製品にはあまり興味がありません。一級品を一つ買うよりは、少し質が劣っても多くのイヤホンを楽しめる方が幸せだという考え方を持っている人には中華イヤホンの世界は最高に思えるでしょう。そこでは毎日、新たな製品が登場し、そのほとんどが聞いたことのないブランドばかりで、次から次に登場する製品は飽きさせず、いつまでもワクワクさせてくれる気がするかもしれません。

さて、しかし、初心者には中華イヤホンが少し敷居が高いことは事実かもしれません。そこでこの記事の最後に、中華イヤホンにエントリーするのに最適な、2021年初頭の時点で、評判の良いベストセラーモデルをいくつか紹介します。

おすすめの中華イヤホン

KBEAR LARK

KBEAR LARK
KBEAR LARK

KBEAR LARKは5000円以下で手に入る廉価な中華イヤホンですが、パッケージは豪華でビルドクオリティの品質も高いです。ドライバー構成は1BA+1DDのハイブリッド構成でバランスの良いサウンドを持つ万能系のイヤホンです。

KZ ZAX

KZ ZAX
KZ ZAX

KZ ZAXは1万円以下という割安な価格ながら、1DD+7BAという膨大な数のドライバーを搭載しており、濃密で迫力のあるサウンドを聴くことができます。

Moondrop Starfield

Moondrop Starfield
Moondrop Starfield

Moondrop Starfieldは人気の高いモデルです。Moondropは精巧なドライバー製造技術で知られているブランドです。そのサウンドはバランスが取れているだけでなく、クリアで透明感があります。デザイン的にも美しい外観が素敵です。