【レビュー】おすすめのイヤホン:KZ ZSX

2019年11月1日

KZ ZSX
KZ ZSX
KZ ZSX 重低音 イヤホン 5BA+1DDを搭載 ハイブリッドイヤホン カナル型 高遮音性 イヤホン 高音質 中華イヤホン 2pin リケーブル可能 (黒(マイクなし))

KZの6ハイブリッドドライバー(1DD+5BA)イヤホンです。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

本体のハウジングデザインの装着感は良好です。ビルドクオリティは良好でよくできています。コネクタ周りの作りの丁寧も噛み合わせも良いです。

しかし、耳の小さい人には少し大きすぎる気がするかも知れません。

仕様など

スペック
製品名:KZZSX 5BA+1DD ハイブリッド型HIFIイヤホン
モデル:ZSX
重量:31g
付け方:インナーイヤーイヤホン
周波数反応範囲:7-20000HZ
インピーダンス:24Ω
コネクタタイプ:0.75mm2pin
プラグタイプ:3.5mm
ケーブル長さ:1.25±0.4m
マイク:あり/なし
ドライバ:
ダイナミックドライバ*1
アーマチュアドライバ*5

amazonの商品ページ

音質

KZの音が好きならば、この機種の低域と高域には十分な魅力が感じられるはずです。低域は重量感があり、中域は清潔で描写的、高域は非常にエネルギッシュな前進的な音を奏でます。

低域は非常に楽しい味付けがされています。ドライバーはパンチが強く量感が多めでボーカルを豊かに支えてくれるでしょう。重低音が少し多く、重厚感が強めで深みと重みを感じさせてくれます。

中域は弱点です。詳細さのために清潔にされていますが、そのせいで描写力はよくなっていても、厚みが失われています。中域でのボディの不足は、ZSXの音の性質をピーキーにする原因になっています。楽曲によって高域や低域に音が過剰に傾き、落ち着きがない印象を受けるかも知れません。またボーカルを乾燥的でブレ幅の大きい落ち着きのない声色にしている原因も、この中域の不足にあります。

高域はこれまでのKZ系列の製品に比べて、抑制が利き、鮮やかさを重視してややマイルドに聞こえるようになりました。この高域のチューニングの変化は概ね歓迎されているようです。それでもこれまでのKZのように前に伸びてくる高域を充分に味わうことが出来るでしょう。

サウンドステージは奥行き感に強調がありますが、総じて平凡です。

コストパフォーマンス

コスパは悪くないかも知れませんが、音質にはやはりKZ特有の癖があります。低域の出音がうるさくなりやすく、高音も鮮やかで強めのドンシャリなので、聞き疲れしやすいところがあるのが欠点です。音量調節量に対して音質変化がピーキーになりがちです。音楽ソースを選ぶところがありそうです。

より詳しい情報

より詳しい情報については以下のレビューを参考にして下さい。

KZ ZSX

8.1

装着感

8.5/10

高音

8.0/10

中音

7.0/10

低音

8.5/10

コスパ

8.5/10

Pros

  • ビルドクオリティが高い
  • 元気の良いドンシャリ
  • 低域の量感

Cons

  • ピーキー
  • 聞き疲れしやすい

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...