【レビュー】おすすめのヘッドホン:SIVGA SV004

SIVGA SV004
SIVGA SV004
SIVGA SV004 Hi-Fiウッドオーバーイヤーステレオオープンバック有線ヘッドフォン、内蔵マイク、キャリングケース付きソフトイヤーマフ(ウォルナット)

SIVGA Audioは中国のヘッドホンメーカーです。SV004はウッド製の高級感あるデザインながら、手頃な値段で手に入れることができます。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

SV004の外観は非常に高級感があります。付属品は頑丈なゴム製のキャリングケースと2本のケーブルです。1本はアンバランス、もう1本はバランス接続に対応していますが、プラグ端子はどちらも3.5mmです。ケーブルは布製の被膜に覆われ、滑らかでプレミアムな雰囲気があります。ノーマルヘッドホン端子変換アダプタや航空機用アダプターも付属しています。

仕様など

仕様:

トランスデューサーサイズ:50mm。

周波数応答:20Hz~20KHz。

感度: 1KHzで105dB、1mW。

インピーダンス:16オーム。

プラグ: 3.5mm金メッキ。

重量: 333g (11.7オンス) ケーブルなし。

ケーブルの長さ:200cm (78.74インチ)。

イヤーカップ:ウォールナットウッド

素材:クルミ材と高タンパク質レザー

パッケージ内容:

SV004ヘッドホン1個。

ヘッドホンコード2本。

1 x 飛行機アダプター。

6.5mmアダプター x 1。

ユーザーマニュアル (日本語ではない場合があります) x 1

amazonの商品ページ

音質

SIVGA SV004は開放型ヘッドホンなので、音場とディテール感は密閉型に比べて優秀であることが期待できます。音質は温かみがあってマイルドで低域はあまり強調されません。

低域

SV004の低域は、量感は優れており、ディテール感は悪くありませんが、パンチはあまり強くありません。どちらかといえばリラックスした印象で、正直なところ、50 mmというドライバー口径を考えると、重量感や鳴動感には少し欠けるかもしれません。

中域

Sivga SV004の中域は適度な温かみがありながらも、クリーンでクリアです。ボーカルと楽器音は十分な存在感と密度感が感じられますが、ニュートラルで低域とも高域ともぶつからないサウンドです。それでいて、退屈感はありません。空間は適度に開放的です。

高域

高域はマイルドにロールオフするサウンドになっています。過度に輝いたり、サ行が刺さったりすることなく、聞き心地を重視した調整になっています。

音場

開放型らしい横幅と奥行きのあるサウンドを持っています。音場が広いおかげで分離感は悪くありません。

コストパフォーマンス

外観はとても20000円程度のヘッドホンとは思えないでしょう。シンプルなデザインですがビルドクオリティは高く感じられます。音質はナチュラルでアコースティックな雰囲気があり、見た目通りの印象です。

SIVGA SV004

8.1

装着感

8.0/10

高音

7.5/10

中音

8.5/10

低音

8.0/10

コスパ

8.5/10

Pros

  • ビルドクオリティが高い
  • ナチュラルな音質
  • 音場が広い

Cons

  • 低域の力強さに欠ける
  • 高域がマイルド

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...