【レビュー】おすすめのイヤホン:IKKO OH10

2019年8月15日

IKKO OH10
IKKO OH10
IKKO(アイコー) OH10 Obsidian(オブシディアン)ハイブリッドイヤホン リケーブル対応

IKKOの人気を博したIEM OH1のリバランスモデルです。公式には筐体の素材変更以外はアナウンスされていません。しかし音質は低域と中域の存在感が増しました。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

IKKOのOH1のたかいビルドクオリティは、マイナーチェンジ版であるOH10でも同様です。Obsidanという別名が与えられているように、金属筐体の表面は光に照らされると黒曜石のようにキラキラと輝きます。

仕様など

OH10 Obsidian
ドライバー Knowles 33518バランスド・アーマチュア+10mmダイナミック(チタンダイヤフラム)
感度 106db
インピーダンス 18Ω
再生周波数帯域 20 - 40,000Hz
プラグ L型ステレオミニプラグ(Ф3.5mm)
ケーブル 2PIN着脱式コネクター 高純度銀メッキOFC銅線(1.2m)

http://ic-connect.net/%e8%a3%bd%e5%93%81%e7%b4%b9%e4%bb%8b/ikko-audio/oh10-obsidian/

音質

IKKO OH10の音響構造は、OH1と同じく、ダイナミックドライバーとバランスドアーマチュアドライバーを1基ずつ搭載したシンプルなハイブリッド構成です。すでに述べたように、公式にはチューニング変更についてアナウンスはなく、筐体材質の変更以外IKKO OH1との差異はありません。しかし、音質はより中域で豊かな音を奏でるようになりました。

低域はOH1同様、深掘り感があり、広く底で広がる鳴動があります。中低域の厚みはOH1より強調されており、よりどっしりとした印象を受けるかもしれません。しかし中域付近に向かってOH1同様引っ込んでいき、中域との混濁が避けられています。

中域は低域付近では凹んでいますが、中高域に向かって前面に出てきます。この調整によって、男性ボーカルよりは女性ボーカルが主役になりやすいでしょう。エレキギターやピアノの光沢は濃く、中域にディテールの明瞭感があります。

高域は中高域付近で強調が見られますが、高域に向かうにつれOH1より早くロールオフします。シンバルの金属光沢感や空気感を聴けばOH1と広がりに差があることに気づくでしょう。明るさはOH1に比べて抑えられています。

コストパフォーマンス

IKKO OH10はOH1よりやや高価に設定されています。素材変更に伴うコスト高を甘受できるかは、音質の違いをどれだけ肯定的に捉えられるかによります。OH1に比べて5000円以上高い価格設定は少し購入をためらわせるかもしれません。少なくともOH1とよく聞き比べてから購入することをお勧めします。音質には印象を変えるほどの十分な差がありますが、それでも価格差ほどの差があるかは難しいところです。

IKKO OH10

8.5

装着感

8.5/10

高音

7.5/10

中音

9.0/10

低音

9.5/10

コスパ

8.0/10

Pros

  • ビルドクオリティが高い
  • マイルドな高域
  • 重厚感のある低域
  • 精彩のよい中域
  • ギターがきれい

Cons

  • 高域はやや暗い

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...