【レビュー】おすすめの中華イヤホン:TINHIFI T3

2020年3月15日

TINHIFI T3
TINHIFI T3
TINHIFI T3 イヤモニ型イヤホン ダイナミックドライバー*1+Knowlesバランスド.アーマチュア型ドライバー*1搭載 1BA+1DD ハイブリッド型インナーイヤホン 高音質 重低音 着脱式リケーブル 高遮音性 合金プロセス中華イヤホン MMCX端子搭載 汎用な3.5mmプラグ

Tin Audioは2010年あたりから活躍している比較的新しいIEMメーカーです。T2とT2 Proのヒットで知られるようになりましたが、このT3もそれらに負けない、なかなか面白いイヤホンです。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

ブリキの外観を持つこのIEMのビルドクオリティは悪くありません。シンプルですが材質感が大切にされており、金属的な温もりさえ感じられる味のあるデザインです。

ただしmmcxコネクタだけはきつめで着脱が硬く、やや不便な印象を受けます。とはいえ、これは些細な問題でしょう。

仕様など

ブランド:TINHIFI
モデル:T3
イヤホンタイプ:ハイブリッド型インナーイヤホン
付け式:耳掛け式
ドライバー:1BA+1DD
コネクター:MMCX端子
プラグ:3.5mm
筐体:合金筐体
インピーダンス:16Ω
周波数範囲:10-40000Hz
感度:95dB
ケーブル:5N 8コア OFC銀メッキケーブル
インターフェース:3.5mm

amazonの商品ページ

音質

金属的な外観にふさわしく、高域で尖る鮮烈な金属音に特徴があります。音響構成は1ダイナミックドライバー+1バランスドアーマチュアドライバーのハイブリッドになっています。

重低音はタイトでパンチを利かせてくれます。中低域もとくに強調はなく、比較的平坦に伸びています。中域にはみ出す感じはありません。解像度は比較的明快です。

中域も基本的には低域の平坦さを拡張した先に存在しています。分解能はよく、透明感のある清潔なサウンドステージを味わえます。

高域はT2 Proの明るすぎる音から変更されています。Knowles製に変更されたことで、のびやかな音を奏でるようになりました。しかし、それでもかなり個性は強く、金属音はシャープなエッジが強調される傾向にあります。T2 Proにあったピーキーさは抜け、だいぶ自然な解像度感を出すようになりました。これは素晴らしいことです。

サウンドステージはこの価格帯では広めです。

コストパフォーマンス

明るい音響傾向なので、好みは分かれるところがあります。高域に明るさを求めるタイプの人ならば、このイヤホンはコスパが良いと感じるでしょう。逆に自然な暖かさを求める人には少し浮かれた音に感じられるはずです。あるいはイコライザーで高域や低域を調整することを前提にすれば、比較的面白いキャラクターといえるので、玄人好みな機種とも言えます。

TINHIFI T3

7.9

装着感

8.5/10

高音

7.5/10

中音

8.0/10

低音

8.0/10

コスパ

7.5/10

Pros

  • 鮮烈で明るい高域
  • 高いビルドクオリティ
  • イコライザーでいじりがいがある

Cons

  • ピーキーで癖のある高域