【レビュー】おすすめの中華イヤホン:NICEHCK NX7

2020年3月15日

NICEHCK NX7
NICEHCK NX7
NICEHCK NX7 カナル型イヤホン バランスドアーマチュア型ドライバー4基+2DD(複合カーボンナノチューブダイナミック) + 1セラミック振動板ドライバー 片側に7基のドライバーユニット 2pinリケーブル着脱式 ハイブリット 耳掛け式3.5mm L型プラグ 高音質 高遮音性 高解像度 HIFI ハイファイ 錫メッキ銅ケーブル付属 IEM (マイクなし, 青)

NICEHCKの7ドライバーハイブリッドイヤホンです。1万円を切る価格で、ダイナミックドライバー2基、バランスドアーマチュアドライバー4基、セラミック振動板ドライバー1基という豪華な構成が魅力です。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

フィットデザインは人間工学に基づいており、装着感は良好です。1万円以下ではビルドクオリティも高めで付属品も多いでしょう。

仕様など

仕様:
1、製品名:NICEHCK NX7 4BA+2DD(複合カーボンナノチューブダイナミック) + 1セラミック振動板ドライバー 2pinリケーブル着脱式 カナル型イヤホン
2、ブランド:NICEHCK
3、モデル:NX7
4、イヤホンの種類:カナル型イヤホン
5、ドライバー構成:4BA+2DD(複合カーボンナノチューブダイナミック) + 1セラミック振動板ドライバー
6、コネクタ:2Pin
7、プラグ:3.5mm L型プラグ
8.インピーダンス:55Ω
9.感度:108dB/mW
10.再生周波数帯域:20-25000Hz

amazonの商品ページ

音質

F3でもそうでしたが、NICEHCKは高域に異常なこだわりを見せているようです。それが成功していれば良いですが、明らかに薄い中域とともに落ち着きのないサウンドを提供するこのイヤホンは成功例とは言いがたいところがあります。リスナーの一部は多数のドライバーを搭載しているにも関わらず、中域に豊かさがないのは非常に残念に思うでしょう。聞き疲れしやすいところもあります。

低域はタイトでスピード感もあり、深みもそれなりにあります。ダイナミックドライバーを2基搭載している割に、低域はそれほど強調が加えられていません。しかしタイトなパンチ力があり、存在感があります。低域は比較的良質と判断されるかもしれません。

中域には広がりに乏しく、かなり引っ込みます。音がとにかく細く、過剰に分析的で調和性に欠けます。覚醒感はありますが、不必要に集中力を要求し、長時間のリスニングでは聞き疲れしやすいかもしれません。ピアノやギターに厚みがなく、薄っぺらい感じがあります。細い音の割にステージングも狭い印象を受けます。

このイヤホンは高域で最もディテールと資源の集中が見られます。高域の高いあたりに強調が加えられており、シャープにディテールと輝きを強調します。しかしこうした音響は人工的で無機質的に感じやすいです。NICEHCKは高域に奇妙な執着を見せますが、このイヤホンもそんな執着があまりよくない方向に出てしまった例の一つであるように思われます。

コストパフォーマンス

7つものドライバーを搭載して1万円以下という価格設定は魅力です。ビルドクオリティも悪くありません。音質は一言で言うと奇妙ですが、ディテール感は高く感じられるでしょう。

より詳しい情報

より詳しい情報については以下のレビューを参考にして下さい。

NICEHCK NX7

7.5

装着感

8.5/10

高音

7.0/10

中音

6.0/10

低音

8.0/10

コスパ

8.0/10

Pros

  • ビルドクオリティが高い
  • 高域にディテール感がある
  • 悪くない低域

Cons

  • 不自然で聞き疲れしやすい不健康な音
  • 薄っぺらい中域