【レビュー】おすすめの中華イヤホン:KBEAR Hi7

2020年3月15日

KBEAR Hi7
KBEAR Hi7

KBEAR HI7 片側 6BA+1DD ハイブリッドHIFIイヤホン 鮮明で躍動的なワイドレンジサウンドを提供 リケーブル可能 (グレー) (グレー)

中国の新興オーディオメーカーKBEARは様々な製品ラインナップを展開しています。KBEAR Hi7はKBEAR DIAMONDと全く同じ価格帯に存在しますが、こちらは開放型ハウジングを採用し、マルチドライバー構成となっており、全く異なるアプローチをしています。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

KBEARには型番にKBを含むモデルがありますが、それはこのブランドのメインストリームモデルということを表しています。ブランドにはDIAMONDのような宝石をはじめ様々な固有名を持つモデル、F1のような派生型番のモデルがありますが、基本ラインはKBシリーズのようです。Hi7は型番の上では派生的な製品のように思えます。

パッケージは簡素ですが、Hi7本体のビルドクオリティはかなり良好です。開放型のハウジングを持ち、装着感は悪くありません。金属で頑丈に作られていますが、重量は軽く、耳に負担感は出ません。

仕様など

モデル名: KB EAR hi7 重低音 高音質 イヤモニ型 ハイブリッド イヤホン

ドライバー:1ダイナミック&2バランスド・アーマチュア

インピーダンス:32Ω

音圧感度:111dB

応答周波数:7Hz-40000Hz

ケーブル:あり/無し

カラー:ブラック/シルバー

プラグ :2pin

amazonの商品ページ

音質

Hi7は全体的にタイトでスピード感のある、抜けの良い音を提供します。開放型ハウジングの特性を生かして音は澄んでいて爽快です。

低域

低域はブーミーさがなく、タイトでよく引き締まって聞こえます。深さのある音ですが、量感的にはそれほど強調がなく、低域好きを満足させるほどではありません。しかしアタックがよく快活で気持ちのよいヒットを持っています。

中域

低域から熱気が漏れ出していないので、中域は非常にクリーンな雰囲気を持っています。高い中高域に向かって前傾しているので、女性ボーカルはハキハキと気持ちよく伸びてくれます。子音が少し尖りやすく、音が派手に輝くところもありますが、音の抜けが良いのでしつこい感じはありません。

高域

中域から続く高域は中域同様に抜けが良い雰囲気を共有していて、ややエッジが強いですが、爽やかに聴けます。刺さりは少し発生しやすいところがあり、幾分攻撃的な色彩を音に加えています。また少し明るすぎる感じもします。輝きとエッジの強調のせいで、高域の ディテールは 飛び抜けて良いというわけではありませんが、悪くありません。

音場

Hi7の最大の魅力はこの開放的な広い音場のプレゼンテーションにあります。幅に優れ、高さも良好で、奥行きも悪くありません。

コストパフォーマンス

開放型のハウジングは遮音性が低く、音漏れも多いので、外出時に使用するのには向きません。しかし、爽快な音を好む人には開放的で抜けの良い音は魅力的に映るでしょう。エッジが少しきつく、明るさが強すぎる感じもしますが、風通しの良い音が好きなら、悪くないでしょう。

より詳しい情報

より詳しい情報については以下のレビューを参考にしてください。

KBEAR Hi7

8.1

装着感

8.0/10

高音

8.5/10

中音

8.0/10

低音

7.5/10

コスパ

8.5/10

Pros

  • ビルドクオリティが高い
  • 開放的で抜けの良い音質
  • 音場が広い
  • 爽やか

Cons

  • 低域が薄味
  • 刺々しいサウンド

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...