【レビュー】おすすめの中華イヤホン:KBF MK4

2020年3月15日

KBF MK4
KBF MK4
KBF MK4 カナル型 4BA イヤホン オリジナル 旗艦モデル ビルドクオリティ MMCX 3.5MM 自社開発 イヤホン職人手作り スイッチ無し クリアシェル 量産上位機 KNOWLES高級ドライバーを採用 高音質 4基バランスドアーマチュアを搭載 Kinboofi (クリア スイッチ無し)

KBF MK4には音質変更スイッチ付きとスイッチなしがあります。今回はスイッチなしモデルをレビューいたします。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

パッケージはややチープで3万円近いイヤホンにしては高級感に欠けますが、イヤホン本体のビルドクオリティは良質です。

透明な水色のインナーシェルは内部をきれいに透かしてくれます。フェースプレートはかなり濃い青色で耳に付けても存在感を放ちます。このフェースプレートとインナーシェルの継ぎ目に不自然なところはなく、滑らかにつながっています。mmcxコネクタの取り付けも精度が高く思えます。

仕様など

モデル名:KBF MK4
ドライバ構成:4ba
インピーダンス:30Ω
音圧感度:114db
応答周波数:20Hz-20000Hz
ケーブルの長さ:120cm
マイク有り/無し
本体カラー:クリア

amazonの商品ページ

音質

MK4の低域はそれほど持ち上げられてはいませんが、クリスプで比較的輪郭が分かりやすい音を提供します。アタックとディケイに優れたスピード感があります。重低感はあまり主張されません。そのため低域は若干明るめのキャラクターに感じられるでしょう。

MK4の中域にはアコースティックな充実感があります。ボーカルはなめらかでふっくらとした甘味があり、楽器音の自然な暖かみに包まれています。とくにアコースティックギターの色彩には温かみがあります。

高域はわずかにシンバルの尖りを強調しますが、音は滑らかに抜けています。スネアドラムとシンバルに素晴らしい空気感と輝きがあります。上の方ではスッキリとした清涼感を感じさせ、充分な拡張を感じられるはずです。

サウンドステージは奥行きよりも左右に広い印象を与えます。高域の抜けが良く、高さを感じさせますが、深さはそれhどでもありません。

コストパフォーマンス

4バランスドアーマチュアドライバー搭載で3万円以内という値段は魅力的かも知れませんが、似たような音質でより評判の良いROSE BR5 MK2がほとんど変わらない値段で買えます。

KBF MK4

8.2

装着感

8.5/10

高音

8.5/10

中音

8.0/10

低音

8.0/10

コスパ

8.0/10

Pros

  • 抜けの良い高音
  • 豊穣な中域
  • 良好な装着感

Cons

  • ROSE BR5 MK2という強力なライバル