【レビュー】おすすめの中華イヤホン:KB EAR DIAMOND

2020年3月15日

KBEAR DIAMOND
KB EAR DIAMOND
KINBOOFI KBEAR DIAMOND 高音質イヤホン コネクター2pin カナル型イヤホン DLC類ダブル複合クリスタルダイアモンド振動膜 モニター 中華イヤホン

KBEARは、中国の比較的新しいIEM製造ブランドです。そのKBEAR、Kinboofiの新作イヤホンでダイヤモンドライクカーボンを使用しているのが特徴です。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンを紹介します[5000円以下編] - audio-sound @ hatena

魅力的な完全ワイヤレスイヤホンたちをご紹介!  当ブログではこれまでおそらく200機種以上の完全ワイヤレスイヤホン を紹介してきました。ほぼ毎日レビュー記事を書いているので、なかなかまとめる機会がありませんでしたが、今回その中でも最近のお気に入りでコスパ最強と言える機種を価格帯別に紹介しようと思います。  今回は5000円以下で購入できる機種から紹介します。 5000円以下のお気に入り機種 ...

ビルドクオリティ

外箱の外観を確認すれば、DIAMONDがF1からかなり向上していることがわかります。この箱はかなり大きく、シンプルですが上品な美学を持っています。

セージグリーン、ゴールドノズル、カーボンファイバーのフェイスプレートを組み合わせたKBEAR Diamondのハウジングデザインは、ハンサムで気取りのない良さを感じます。きれいでシンプルなラインで構成されており、見た目に機能的な美しさがあります。

仕様など

モデル名:KBear DIAMOND ド

ライバ構成:4ba

インピーダンス:32Ω

音圧感度:112db

応答周波数:20Hz-20000Hz

ケーブルの長さ:120cm

スイッチ:あり/無し

amazonの商品ページ

音質

KBEAR DIAMONDは鳴らしやすいIEMであり、スマホでも問題なく動作します。

DIAMONDはパンチの効いた低音、クリーンな中域、拡張性のある高域を備えたドンシャリのチューニングになっています。音色は入門レベルとして悪くありません。

低域

低音はそれなりにありますが、重厚ではありません。低音は、DLCドライバーの速度に加えて、不要な共振を減らすアルミニウムシェルによってコントロールが良好です。

重低音は、一定の鳴動を感じさせてくれますが、重低音から中低音への移行はかなり直線的で、中域に向かって徐々に後退しています。中低域はパンチが効いていてタイトで、アタックとディケイが良好で、自然な重みがあります。総合的に見れば、DIAMONDの低域は良質と言え、質感、スピード、インパクトに優れています。

中域

中域は、温度感やボディは適度に維持されながら、明瞭性を備えています。分離は悪くなく、ディテール感があり、自然な印象があります。ボーカルはわずかにくぼんでいますが、遠ざかって聞こえるというほどではありません。打楽器のリズムは正確です。楽器音は基本的に高速でシャープネスが高く、中域はよく整理されて聞こえます。

高域

高域の低いところはやや強調があり、プレゼンテーションが強めです。少し押し出し感を感じるでしょう。高域の延長は優れており、シャープさや刺さりのない軽快さとディテールを提供します。やや派手ではありますが、聴き疲れしにくい高音です。

音場

音場のサイズは平均的で、幅が広く、奥行きがあります。高さが少し広く、開放的に感じられるでしょう。分離感は相対的に優れています。

コストパフォーマンス

ドンシャリ傾向ですが、比較的バランスが良く、聞き心地が安定しています。ライバルは同じく聞き心地の良いTinHiFi T4かもしれません。中域とボーカルを重視するなら、DIAMONDよりも親密で前方に聞こえるので、T4のほうが望ましく思えるかもしれませんが、高域の拡張はDIAMONDのほうが優れています。

より詳しい情報

より詳しい情報については以下のレビューを参考にして下さい。

KB EAR DIAMOND

8.4

装着感

8.0/10

高音

9.0/10

中音

8.0/10

低音

8.5/10

コスパ

8.5/10

Pros

  • ビルドクオリティが高い
  • 明瞭性があるサウンド
  • コスパが良い

Cons

  • わずかに遠いボーカル