【レビュー】おすすめのイヤホン:TONEKING BL1

2019年6月27日

TONEKING BL1
TONEKING BL1
MUISCMAKER TONEKING BL1 イヤホン 高音質 超高感度 平面駆動型イヤホン イヤモニ イヤホン 重低音 高遮音性 中華イヤホン 着脱式 3.5mm プラグ【圧倒的な音源再現力、超高感度を持つ平面駆動型イヤホン】Yinyoo

珍しい平面駆動型ドライバーを採用しているということで注目されているTONEKINGのイヤホンです。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

工作精度は悪くありません。レビューでもよく指摘されているように、マイカプレートの切れ端などに若干作りが甘いところがあり、手作り感はありますが、内部は綺麗に整えられています。

仕様など

◎スペック
モデル名:MUISCMAKER TONEKING BL1イヤホン
ドライバー:平面駆動ドライバー
インピーダンス:16Ω
出力音圧レベル:102db
再生周波数帯域:7Hz-40000Hz
ケーブル:125cm
着脱式: mmcx リケーブル
マイク:無し
プラグ:Φ3.5mm ステレオミニプラグ
本体カラー: クリア
コネクター :mmcx

amazonの商品ページ

音質

この機種は平面駆動型ドライバーを採用しています。平面駆動型ドライバーは音場表現が豊かになるのが特徴です。

低域はソフトで暖かみがあり、さらに平面駆動型ドライバーのせいか、重低音に広がりがあります。深掘り感も豊かです。中低域は少し盛り上がり、ウォームで滑らかな質感を持っています。スピード感はあり、衝撃力も出ますが、基本的に耳当たりの良い音で空間に丁寧に広がります。ミッドレンジとの親和性は高く、滑らかにつながっていますが、中域にも厚みがあるので、低域が覆い被さることはありません。

ミッドレンジはわずかにくぼみますが、濃厚さを維持しています。サウンドステージは広大でかなり引っ込んで聞こえますが、音像は明確でボケることはありません。ボーカルの雰囲気はソフトでつややかさもあるが強調は少なく、ニュートラルでややウォームな味付けになります。高域付近では音に強調があり、輝きが強くなります。

高域では鮮明感よりは空気感を重視した風味のある音を味わえます。音質はニュートラルです。

サウンドステージは価格帯を見回しても優秀で、抜群に近いでしょう。広大な空間に圧迫感鳴く音を聴くことができます。しかし、全体的に滑らかな音なので広い空間の中で手がかりに乏しいところはあり、密度感には劣る印象を受けやすいです。

コストパフォーマンス

この機種の音は味付けが少なく、モニターライクであると言えます。少し発色は穏やかですが、全体的に音像を丁寧に捉えて音楽を聴くことができます。分解能も優秀です。派手さのない音で、リスニングでは物足りない場面もあるかも知れませんが、聞き疲れしにくい音です。

より詳しい情報

より詳しい情報については以下のレビューを参考にして下さい。

TONEKING BL1

8.6

装着感

8.5/10

高音

8.5/10

中音

8.5/10

低音

8.5/10

コスパ

9.0/10

Pros

  • 良好な装着感
  • 広大なサウンドステージ
  • 聞き疲れしない音

Cons

  • 遮音性が低い
  • 手がかりの少ないナチュラルサウンド
  • ところどころ雑なビルドクオリティ

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...