【レビュー】おすすめのイヤホン:Astell & Kern × beyerdynamic AK T9IE

Astell & Kern × beyerdynamic AK T9IE
Astell & Kern × beyerdynamic AK T9IE
Astell&Kern アステル&ケルン (Astell&Kern x beyerdynamicコラボモデル) テスラドライバー搭載 イヤホン AK T9iE

Astell&Kernとbeyerdynamicのコラボモデルイヤホンです。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

T9iEはbeyerdynamic XELENTOの基本デザインを継承しています。ワイヤーのイヤホン側末端は形状記憶できるようになっていて、フィット感はわずかに向上しています。XELENTOと同じようにビルドクオリティは高く思えるはずです。

付属品にはコンプライ製品を含む10種類のイヤーチップと2.5mm→3.5mmの変換ケーブルアダプタが付属しています。

仕様など

品名
AK T9iE

ユニット
11mm径ダイナミック型ドライバー


形式
密閉型


周波数特性
8 – 48,000Hz


インピーダンス
16Ω


許容入力
10mW


THD
0.2%未満


ケーブル
着脱式4N純銀コーティング7N OCCハイブリッドケーブル(約120cm)
(プラグ:2.5mm4極バランスストレートプラグ、コネクター:MMCX)


付属
2.5mm4極 to 3.5mm3極L字プラグ変換ショートケーブル(約8cm)
シリコンタイプイヤーピース 7サイズ(XS/S/M/L/XL/XXL/3XL)
フォームタイプイヤピース 3サイズ(S/M/L)
レザーキャリングケース

https://www.iriver.jp/products/product_189.php#2

音質

太く印象的なレスポンスの良い低域を探しているなら、このイヤホンはとてもおすすめできる製品です。サウンドステージは少し広めに感じられるでしょう。

低域

低域はソリッドでスピード感があり、膨張せずにタイトな音色を維持しています。ロック音楽を聴いても適切な応答速度が感じられ、リズムコントロールは基本的によく制御されています。ポップスでも充分なパンチを利かせた音を聴かせてくれるでしょう。豊かな印象を与えてくれる低域で、Xelentoに比べると厚みが増しているように感じられます。

中域

中域はわずかに凹んで聞こえます。楽器音はやや輪郭をぼやかして温かみのある感じで聞こえます。ボーカルは一定の太さが感じられ、充分な厚みがあるようです。中域は上下で比較的均質になるように設計されているようです。音の太さも奥行きの提示も中立的です。

高域

高域は少し拡張性があり、高さと明るさをやや強く感じさせるところがあります。パーカッションのピークにはクリスプな手応えがありますが、もっと高いところでシャープネスを強調することはありません。シルキーで清潔な音色はボーカルの息遣いを少し鮮明に聴かせてくれます。

サウンドステージ

比較的広大なサウンドステージで、クリーンで明確な音像定位感があります。正確性のある音場表現を持っています。

コストパフォーマンス

率直に言えば、このイヤホンは挑戦的であるよりは保守的です。奇抜さを避けて安定感のある音を求めている堅実な精神が感じられます。その意味で、目新しい音を求めているリスナーにはやや物足りない音に感じられる可能性はあります。エネルギッシュではありますが、落ち着いた品格を大事にした音質になっています。

Astell & Kern × beyerdynamic AK T9IE

8.2

装着感

8.0/10

高音

8.5/10

中音

8.0/10

低音

8.5/10

コスパ

8.0/10

Pros

  • 装着感が良い
  • 豊かな低域
  • 均一な中域
  • 艶やかな高域

Cons

  • コスパは平凡
  • 保守的で安定感重視のサウンド

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...