【レビュー】おすすめの中華イヤホン:TINHIFI P1

2020年3月15日

TINHIFI P1
TINHIFI P1
TINHIFI P1 平面駆動ドライバーと全金属フェイスプレートHIFI高音質イヤモニ型イヤホン 一つ10mmの平面磁気トランスデューサが搭載され フェイスプレートとシエルが全金属で一度に作られ 5N高純度OFCケーブルと金メッキMMCX端子と3.5mmプラグを搭載して リケーブル可能 カナル型ノイズキャンセリングイヤホン

TINHIFIから格安の平面駆動型イヤホンがリリースされ、話題になっています。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

さて、このイヤホンを語るときに必ずネタになるのが「食品グレード304」のステンレス鋼で作られていることです。もちろん鏡面仕上げで美しいこのイヤホンは決して食用ではありません。食品の保管に使っても問題ないほど腐食に強いという意味です。

ステンレスそのままという、やや冷たい印象を受ける外観に好みの違いは出そうですが、ビルドクオリティは価格帯では優秀です。mmcxコネクタはしっかりとはめ込まれており、取り付けに甘いところはありません。

仕様など

製品名:TINHIFI P1 平面駆動ドライバーと全金属フェイスプレートHIFI高音質イヤモニ型イヤホン
ブランド:TINHIFI
モデル:P1
ドライバー:10mmの平面磁気トランスデューサ
インピーダンス:200hms
感度:96±3dB
周波数反応波数:10Hz-40KHz
定格出力:5mW
最大の力:10mW
最大歪み率:1dB
コネクタタイプ:MMCX
プラグ:3.5mm
ケーブル長さ:120cm

amazonの商品ページ

音質

まずこの機種は非常に大きなインピーダンススペックを持っているため、その音質を楽しむためには十分な能力があるアンプにつなげられる必要があります。平面駆動型を搭載したイヤホンはまだ数が多くありませんが、そのどれもがイヤホンレベルでは最上級の豊かなサウンドステージを持っています。この機種も例外ではありません。

低域は深みも力強さも強くありません。重低音のリーチはわずかに浅い印象を受けるでしょう。中低音では音の濃さと膨張感が増し、十分な暖かさを感じることが出来ます。音は丸いですが、適切なパンチ力を持っています。全体としてフレンドリーで聞き心地の良い低域ということが出来るでしょう。

中域でP1は最も魅力的な容貌を見せてくれます。ここで最も詳細なディテールを味わうことが出来ます。全体としては中高域の明るさに傾いているので、リラックスした感じよりきびきびしたメリハリ感に寄せた味付けとなっています。しかし、この機種の魅力は音そのものの個性というよりも、平面駆動型らしい広大なステージングをよりどころとした、音像の明瞭性にあります。バランスに配慮して個々の音を個性的に鳴らしすぎず、むしろそれぞれの音をまんべんなく聞かせようという意図が垣間見えます。その音は情熱的ではありません。少なくとも派手な印象は受けないでしょう。

高域はサクサクと刻みが良いあたりを強調し、必要以上に明るさにこだわらず、歯檫音や尖りは丁寧に避けられています。クランチな歯ごたえを感じつつ、上では滑らかに抜けていく音を感じるでしょう。

コストパフォーマンス

あなたがサウンドステージを重視するならば、この機種は非常に魅力的に感じられるでしょう。音像は明瞭で、不快な尖りはなく、低域に不用意にマスキングされることもなく、中域の豊かな音に潜り込むように楽しめます。あなたが音に刺激や重さ、深さ、叙情性、エキセントリックさなどを求めるならば、このイヤホンは少しつまらないかもしれませんね。音質はニュートラルでかまぼこに思えるくらいのフラットです。

TINHIFI P1

8.3

装着感

8.0/10

高域

8.0/10

中域

8.5/10

低域

8.0/10

コスパ

9.0/10

Pros

  • ビルドクオリティが高い
  • 豪華なパッケージ
  • 中域が豊か
  • サウンドステージが広い
  • バランスの良い高域

Cons

  • 音に情感はあまりない
  • 少し重いつけ心地

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...