【レビュー】おすすめの中華イヤホン:TRI Audio TRI-i4

2020年3月15日

TRI Audio TRI-i4
TRI Audio TRI-i4
KINBOOFI TRI I4 イヤホン MMCXイヤホン MMCX 3.5 金属製 1BA+1DD KNOWLES製ドライバー バランスドアーマチュア ダイナミック ハイブリッド型 カナル型イヤホン 密閉型イヤホン 耳掛式イヤホン BAイヤホン 高音質 原音忠実 聴感抜群 細部表現重視 バランス良い KINBOOFI (青色)

比較的廉価な価格設定ですが、1BA+1DDのハイブリッドで音質はなかなかよいと評判のTRI AUDIOのモニターイヤホンです。コスパがかなり高いのが特徴です。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

1万円以下の値段設定ですが、1万円以上の機種に勝るとも劣らないビルドクオリティです。軽量で耐久性も高いアルミ材が使われており、mmcxコネクタも噛み合わせが良く、新興メーカーということですが、品質面でのクオリティの高さには少し驚かされます。

仕様など

【仕様】:
モデル名:TRI I4
インピーダンス:12Ω
音圧感度:103db± 3 db
応答周波数:20Hz-40000Hz
ケーブルの長さ:120cm
マイク:無し
本体カラー:ブラウン/ブルー

amazonの商品ページ

音質

音質的にはなだらかに中高域に向かって盛り上がり、女性ボーカルを最も良く聞かせるくらいのバランスで、また高域でなだらかにロールオフしていきます。女性ボーカルやギター、ピアノなどを丁寧に聴かせてくれます。

低域は適度に重低音を響かせつつ、マイルドに中低域が少し厚みを感じさせます。基本的には主張が強くなく、中域の下の方が少し引っ込んでいるために一定程度目立つ感じがありますが、基本的には音場を支える役割に終始しており、ディテールもそれほど詳細ではありません。ウォームでマイルドです。

中域は中高域に向かってなだらかにカーブを描いて前屈みに登っていきます。ギターや女性ボーカルには充分な濃さがありますが、尖りは避けられていて、印象的にはマイルドにすっきりと聞こえます。鮮やかさは充分で価格を考えると、かなりのディテール感があるでしょう。

高域は充分にディテールがありますが、空気感は抑えられています。自然に音が抜けていく空間が用意されており、中域を適度にマイルドにする余白があります。決して高く伸びやかではありませんが、中高域からなめらかにつながって、適度な光沢感と抜けをもたらしています。

サウンドステージは比較的広いです。中高域が非常に聴きやすく、聴き応えもあり、しかも音の尖りは丁寧に取り払われているので、刺さるところはありません。

コストパフォーマンス

ビルドクオリティは高く、コストパフォーマンスは高めです。音質のチューニングも丁寧で聴きやすさと解像感、サウンドステージのバランスが取れています。リケーブルも可能で、金属筐体で耐久性も高く、長く使っていけるでしょう。

より詳しい情報

より詳しい情報については以下のレビューを参考にして下さい。

TRI Audio TRI-i4

8.7

装着感

8.5/10

高音

8.0/10

中音

9.0/10

低音

7.5/10

コスパ

9.5/10

お気に入り度

9.5/10

Pros

  • ビルドクオリティが高い
  • コストパフォーマンスが良い
  • 女性ボーカルがきれい
  • マイルドで聞き心地の良い音質
  • 中高域のディテールが良い

Cons

  • 低域や高域に少し不足感がある
  • 刺激が少ない音質

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...