【レビュー】おすすめの中華イヤホン:KBEAR KB04

2020年5月22日

KBEAR KB04
KBEAR KB04
KINBOOFI KBEAR KB04 ハイブリッドイヤホン 2pin 金属製ハウジング PU製10mm複合膜バランスド.アーマチュア+ダイナミックドライバー コネクター3.5MM 中華イヤホン (マイクなし, ダークグレー)

廉価ですがビルドクオリティの高いイヤホンKB04は品質の高さが話題になっています。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

KB04は5000円以下の廉価なイヤホンですが、金属製の頑丈なハウジングを持っています。ケーブルは絡まりにくく、取り回しが良好です。価格の割に全体的な品質は良いです。

仕様など

ドライバー:1BA +1 DDハイブリッド

インピーダンス:16Ω+/- 10%

感度:104 +/- 3dB

周波数応答:20 Hz – 40000 Hz

ケーブル:2pin0.75mm

音質

KB04は穏やかなV字型のチューニングを備えており、ほとんどの音楽ジャンルで温かみのある丸い雰囲気を帯びています。KB04の音色は、高域では若干人工的ですが、低域の音色は非常に自然に聞こえます。ボーカルはドライな音色に聞こえます。その声は明瞭で非常にわかりやすいです。

低域

重低域は中低域よりも落ち着いており、低域はパンチが少し強く、ニュートラルよりは持ち上げられています。低域好きを満足できる量があるかは微妙ですが、生々しい雰囲気が感じられる低域です。

中域

中域は中域下部に落ち込みがあり、中域上部に向かうほど前進します。清潔で、ディテールが聞こえる透明な空間があります。

高域

この価格ではディテールと明瞭感に優れています。高域は歯擦音はあまり目立たせず、落ち着かせて聞かせてくれますので、聞き疲れはしません。しかし、シンバルは時々派手です。

音場

音場は価格帯の標準より良好です。

コストパフォーマンス

この価格帯ではおすすめできるドンシャリ系のイヤホンです。KBEAR DIAMONDに近いサウンドをより廉価に楽しむことが出来ます。ビルドクオリティもこの価格帯では優れています。

より詳しい情報

より詳しい情報については以下のレビューを参考にして下さい。

KBEAR KB04

8.7

装着感

8.5/10

高音

8.5/10

中音

8.0/10

低音

8.5/10

コスパ

10.0/10

Pros

  • ビルドクオリティが高い
  • 明瞭性があるサウンド
  • コスパが良い

Cons

  • わずかに薄いボーカル