【レビュー】おすすめの中華イヤホン:Shuoer H27

2020年3月15日

Shuoer H27
Shuoer H27
Shuoer H27 2BA+DDハイブリッド型HIFIイヤモニイヤホン カスタマイズダイナミックドライバ&Knowlesアーマチュア型ドライバ CNC加工でアルミニウム-マグネシウム合金のフェイスプレートと筐体 3Dプリント技術を使ったのサウンドガイドチューブ リケーブル可能 ノイズキャンセリング カナル型 高音質 3.5mm金メッキプラグを搭載した インナーイヤーイヤホン (H27)

中国の新興イヤホンメーカーShuoerのハイブリッドイヤホンです。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

シェルはアルミニウムで作られています。青色に塗装されたデザインはきれいなだけでなく、人間工学的にも良好なフィット感を持っています。 安価なイヤホンにも関わらず、工作精度は高く思えます。

Shuoer製品は独特のパッケージングがされており、お菓子のボックスのような円筒形ケースに入っています。

仕様など

Specs
Model:Shuoer H27
Driver: 1DD+2BA
Cable: Detachable MMCX 8core Litz Cable
Connector: 3.5mm
Frequeney response range:20-20KHz
Sensitivity:108dB
Distortion:<1%
Impedance:10Ω

amazonの商品ページ

音質

Shuoer H27はスマートフォンでも簡単に鳴らせる、鳴らしやすいイヤホンです。低音が傑出しているイヤホンですが、ほかの周波数域も十分に豊かです。

低域

低域は存在感がありパンチが効いています。厚みがあり、温かみがあります。音の印象は少し柔らかく、エネルギッシュです。

中域

少しウォームに感じられます。ボーカルは印象的で、特に女性ボーカルは、中高音域と高音域までうまく聞こえます。男性のボーカルもバランスが良く、重量感があります。ただし中高域でドライな感じがあり、人によっては耳障りな印象を受けるかもしれません。

高域

かなりサクサクとしたクリスピーなサウンドを奏でますが、刺さりはありません。手がかりは少し多いですが、抜けは滑らかです。

音場

音場はかなり広く感じられるはずです。

コストパフォーマンス

高域の乾燥した感じ、シャクシャクするような音に不自然さを感じる場合は好まれません。一方で爽やかな音が好きなら、このイヤホンは魅力的に思えるかもしれません。しかし爽やかな高域が好きだとしても、低域も強めなのには注意が必要です。清潔感のある高域を好む人は、厚ぼったい低域を好まないかもしれないからです。

Shuoer H27

8

装着感

8.5/10

高音

7.5/10

中音

7.5/10

低音

8.5/10

コスパ

8.0/10

Pros

  • 装着感が良い
  • ビルドクオリティが高い
  • 豊かな低域

Cons

  • 高域のディテール不足

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...