【レビュー】おすすめの中華イヤホン:NICEHCK EB2

2020年3月15日

NICEHCK EB2
NICEHCK EB2
NICEHCK EB2 14.8mmダイナミックドライバ インナーイヤー型イヤホン 軽量な金属筐体 2.5mmプラグ 銀メッキOFCケーブル付属 1DD 上位音質 高遮音性 HIFI (2.5mm 黒)

NICEHCKの珍しいインイヤー型のイヤホンです。比較的最近は数が少ないインイヤー型なので、この形状のものが好きな人には福音になるかも知れません。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

ハウジングは耳に当たるノズル部分はプラスチックですが、それ以外は金属製で仕上げられています。このイヤホンは女性のような小さな耳には最適化されていません。ビルドクオリティは悪くないでしょう。

音質

インイヤー型らしく高域の伸びが開放的なので、さわやかな音が好きな人には悪くない選択肢でしょう。NICEHCKにしては、全体的に温和で聴き心地の良い音です。ただインイヤー型の特性として音の分離感が装着感に影響されやすく、とくに音量を上げるほど空気に溶け込んでボケてくるところがある点は気に留めておいてください。

低域はそこそこの質感があり、キックの輪郭が分かる程度にはパンチがあります。あまり重低感は主張されてないので、クリーンな印象があります。熱気には劣るため、それほど活動的ではありません。中低域はややおとなしいですが、中域方向へにじみ出している感じはあります。

中域はニュートラルな印象を受け、やや下で引っ込んでいます。高域に近い方が強調されているので、音は前屈みに聞こえるかも知れません。ボーカルは前に出てきます。音場は開放型にしてはあまり広くない印象を受けます。この中域高めの付近ではそれなりの分離を感じることができ、精彩を感じることができます。女性ボーカルの満足度は一般に高いでしょう。

高域はかなり輝きを持っているので、音場は明るく感じられるはずです。それなりに煌めき感の強い音ですが、開放型らしく抜けが良いので聴き心地を悪くせず、魅力的です。ただしインイヤー型の欠点としてこの高域音をきれいに味わうためには耳によく合っていなければなりません。耳のサイズが適切でなければ、高域は曇って聞こえやすいでしょう。

聴き心地の面では充分な魅力を感じますが、先行するレビューではゆるすぎて音が退屈という意見もあります。とくに全体的に音が軽い感じはあるので、低域の重低感の不足が迫力やメリハリの面で物足りなさを感じさせることは事実でしょう。分離感もよくないと感じることがあるかも知れません。インイヤー型は耳に合うか合わないかで、分離感が大きく変わりやすいところがあります。

コストパフォーマンス

インイヤー型のイヤホンが好みなら、コスパは悪くありません。音の抜けが良く、音像に詰まる感じがないので、分離感も悪くありません。

NICEHCK EB2

8

装着感

7.5/10

高音

8.5/10

中音

8.5/10

低音

7.0/10

コスパ

8.5/10

Pros

  • 珍しいインイヤー型
  • 抜けの良い音
  • 女性ボーカルがきれい

Cons

  • 軽い低音
  • 人を選ぶ装着感