【レビュー】おすすめの中華イヤホン:SIMGOT MT3 Pro

SIMGOT MT3 Pro
SIMGOT MT3 Pro
インイヤーモニターヘッドフォン、イヤモニ型、ダイナミックドライバーを備えたSIMGOT MT3 PRO 高精度IEMイヤホン、HiFiイヤフォンデザイン、Hi-Res IEM 高遮音性 ダイナミック型 スマートフォンに対応 (グリーン)

独特のセンスを持つ中華イヤホンブランドSIMGOTをご存知ですか?その新作MT3 Proはダイナミックドライバー搭載モデルです。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

最近のSIMGOT製品は統一感のある透明デザインが採用されています。このMT3 Proも1万円以下にも関わらず、上位のEM2などと同じ高級感があります。ケーブルのクオリティは高く、イヤホンとの接合部分も端子が丁寧に作り込まれていて洗練されたデザインセンスが感じられます。

仕様など

ブランド: MEETURE & SIMGOT

商品名: シングルダイナミックドライバーIEM

型番: MT3 PRO

色: クリア、クリアブラック、グリーン、ピンク

装着方式: 耳掛け型

対応端子: 改良型0.78mm 2pinコネクタ

材質: 酸化アルミニウム合金製ノズル

内容物: イヤホン本体、0.78mm 2pin OFC&SPC混合ケーブル、イヤーピース、収納袋、VIPカード&保証書、取扱説明書

ドライバー: 10mm高磁気複合ダイナミックドライバー

振膜: 高分子複合チタン振動膜

再生周波帯域: 15Hz-40kHz

音圧感度: ≥108dB(at 1000Hz)

インピーダンス: 18Ω

音圧感度誤差: <1% 108dB(20μpa)

左右音圧感度誤差: <1.5dB(at 1000Hz)

定格電力: 10mW

コード: 高純度無酸素銅線と銀メッキ銅線の4本混合編線

http://www.simgot.com/jp/products/detail/16.html#!/specs

音質

SIMGOTらしい華やいだ雰囲気のある音色を持っています。

低域

エネルギッシュで濃厚感もある、暖かみのある音です。ブーミーさが少し感じられますが、穏和で耳当たりの良い音です。エレキベースの厚みは強く、重低音の深さも感じられます。

中域

低域の暖かみを受けつつ、中高域に向かって艶やかに色づくノスタルジックな雰囲気があります。女性ボーカルは官能的でふくよかで華のある声色で聴かせてくれます。色気があり、セクシーですが、のびやかさは調整されており、明るくなりすぎないようになっています。どことなく懐かしい雰囲気のある音です。

高域

高域は開放的ではなく、マイルドです。尖りを出して音が過酷にならないようになっており、中域の鮮やかな艶のある音の光沢が丸く聞こえるようになっています。高さは強調されませんが、甘味のある音色を聴かせる高域です。

音場

音場はそれほど広くありません。平均くらいです。

コストパフォーマンス

1万円以下では魅力的な音質を持っています。甘い、ノスタルジックな音色が好きなら魅力的に映るでしょう。シャープネスに欠け、高さはありませんが、色気のある楽器音とボーカルを持っています。

より詳しい情報

より詳しい情報については以下のレビューを参考にして下さい。

SIMGOT MT3 Pro

8.7

装着感

9.0/10

高音

8.0/10

中音

8.5/10

低音

8.5/10

コスパ

9.5/10

Pros

  • ビルドクオリティが高い
  • 女性ボーカルがきれい
  • 艶やかな中高域
  • 良好な装着感
  • ノスタルジックな音色

Cons

  • 明るさに欠ける

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...