【レビュー】おすすめのイヤホン:Kinera Idun

Kinera Idun
KINERA IDUN

Kineraは高コスパのイヤホンで知られるメーカーですが、そのKineraのハイブリッドモデルがIdunです。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

Kineraの「見栄え」については肯定的評価が多いです。少なくともフェイスプレートのデザインはオシャレで、透明なシェルを通して見える内部構造もきれいです。1万円台の機種にしては高いビルドクオリティを感じることが出来ます。

仕様など

■ スペック
ドライバー 2BA+1DD(7mm)
周波数帯域 20Hz-20000Hz
インピーダンス 32 Ohm
感度 112db @ ±2db
ケーブル 4CORE Silver Plated /3.5mm Jack/MMCX

https://www.e-earphone.jp/shopdetail/000000248363/

音質

Kinera Odinでこの新興メーカーが比較的オーソドックスな音質調整を丁寧にしていることをすでに確認しました。そして私たちは、Idunでも同じようなバランス感覚を見いだすことが出来ます。

低域はよく深みを意識させますが、量感は抑えられており、ブーミーさがありません。中音域の解像度を維持するためによく調整されたバランスの良さのある音です。多くのレビュアーがこの低域の調整を好意的に評価しており、ボリューム感を適度に抑えているにも関わらず、低音の存在感がよく、見通し感も良いことを指摘しています。この多数派の意見に賛同することをここで表明します。

中域はクリーンに保たれています。低域の影響はほとんどなく、透明度の高い見通しの良い空間が広がっています。音楽的な脚色はそれほどなく、中低域に厚みがあまりないので充実感や温度感も抑えられています。中庸で保守的なモニターライクな音です。その質感はやや無愛想、あるいはコンピュータ的で、音のリアリズムには欠けるように感じるかもしれません。しかし解像度重視の人には好ましく見えるでしょう。

高域は明るめで中域とは異なって音楽的です。シンバルの詳細な美しさに注目して下さい。弦楽にも華やかさがあり、輝きに満ちた音を奏でてくれます。高域の拡張性は必ずしも高くなく、華やかなディテールを強調した後は、空気感の広がりは抑えられているようですが、それでも目を奪われる美しさがあります。女性ボーカルはこの高域の輝きを受けて、明るく発色して浮き上がるように伸びるでしょう。

コストパフォーマンス

低域の深さと高域の明るさのあるサウンドを両立させています。基本的にはブライトネスのある音楽で明るいサウンドキャラクターで、EDMやデジタル音を多用する現代的な音楽と相性が良いでしょう。全体的なバランスを考慮した音響設計は奇を衒うところがなく、相変わらず正統派です。コスパ的には音質もさることながら、外観のデザインの良さが光る機種です。

Kinera Idun

8.6

装着感

8.5/10

高音

8.5/10

中音

8.0/10

低音

8.5/10

コスパ

9.5/10

Pros

  • ビルドクオリティが高い
  • 明るく詳細な高域
  • 解像度の高い中域
  • 深みのある低域

Cons

  • 低域はやや不足を感じる
  • 中域に厚みがない

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...