【レビュー】おすすめのイヤホン:CCA C10

2019年7月7日

CCA C10
CCA C10
CCA C10カナル型イヤホン 亜鉛合金プレート+PC樹脂筐体 2PIN 3.5MM 4バランスド・アーマチュア・1ダイナミック&(4BA+1DD) 5ドライバ搭載 高音質 ノイズ遮断 フィット感良い 中華イヤホン (パープル)

CCAはあまり聞き慣れないメーカーだと思いますが、「Clear Concept Audio(クリア・コンセプト・オーディオ)」の略で中国のIEMメーカーです。この低価格で片耳4BA+1DDの大量ドライバーを詰め込んでいるのが特徴です。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

樹脂のシェルにアルミニウムと亜鉛の合金でツヤ消し処理されたフェイスプレートが装着されています。シェルデザインは姉妹ブランドであるKZのZSTZSN Proとほぼ共通です。2pinリケーブルに対応しています。ビルドクオリティは高めです。

仕様など

モデル名:CCA C10
ドライバ構成:4BA+1DD
インピーダンス:32Ω
音圧感度:108db(1K)
応答周波数:7Hz-40000Hz
プラグタイプ:3.5mm
グレー プラグの径 :2pin (0.75mm)
ケーブルの長さ:120cm±5cm
マイクなし
本体カラー:黒色/青色/ 紫色

amazonの商品ページ

音質

インピーダンスは32Ωという高い数値を示していますが、スマホでも充分に鳴らせるイヤホンです。KZに比べるとCCAはフラットに近い、正統派サウンドを目指しているようです。

低域は深掘り感があります。ダイナミックドライバーらしく量感が感じられ、やや平坦な印象を受けますが、中域に滲み出ることはありません。ウォームで肉付きの良い音です。ブーミーではありません。

中域はKZの大抵のイヤホンと違って引っ込んでいません。ボーカルやギターは前面に出てきます。濃厚感のある音を奏でてくれます。色味はややドライです。

高域は少し輝いていますが、刺さりを感じずに聴けます。シンバルはドライな味付けです。中域からの連携はスムーズに聞こえます。

音場はそれほど広くありません。

コストパフォーマンス

全体的にバランスの良い音質を持っており、とくに中域の充実感に優れています。比較的万人に開かれた聴きやすい音を奏でるイヤホンです。

CCA C10

8.3

装着感

8.5/10

高音

8.0/10

中音

8.5/10

低音

8.0/10

コスパ

8.5/10

Pros

  • ビルドクオリティが高い
  • 万人向けの音質
  • 中域が豊か
  • リケーブル可能
  • コストパフォーマンスが高い

Cons

  • インパクトに欠ける音質

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...