【レビュー】おすすめの完全ワイヤレスイヤホン:SoundPEATS TrueFree+

2019年5月30日

SoundPEATS TrueFree+
SoundPEATS TrueFree+
SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueFree+ ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 完全ワイヤレス イヤホン AAC対応 35時間連続再生 Bluetooth イヤホン 自動ペアリング 左右独立型 マイク内蔵 両耳通話 防水 小型 軽量 TWS ブルートゥース ヘッドホン トゥルーワイヤレス ヘッドセット [メーカー1年保証] ブラック

今回紹介するSoundPEATS Truefree+は格安完全ワイヤレスイヤホンの中でも特に人気が高い機種です。このイヤホンを出しているSoundPEATSは一部のオーディオファンの間では有名なブランドで、ワイヤレスイヤホンでは質が高くしかも安い製品を多く供給して、日本のカスタマーに低価格のワイヤレスならSoundPEATSという評判が定着するほどでした。

そんなSoundPEATSの完全ワイヤレスイヤホンの中でも、さらに一番人気と言ってよいのがこの製品です。

【特集】価格帯別で選ぶ!5000円以下!コスパのよいおすすめ完全ワイヤレスイヤホン【左右分離型】[2019/11/12 最新版] - audio-sound @ hatena

今回は人気のワイヤレスイヤホンの中から、実際に使ってみて特にコスパが高いと思われる機種を紹介します。去年までの完全ワイヤレスモデルの傾向というと、低価格帯完全ワイヤレスモデルはあまり質が良いものがなく、有名メーカー製は高すぎて高嶺の花という感じでした。しかし、2018年になると有名メーカー製もラインナップが充実し、低価格モデルは洗練されて、中にはメーカー製と渡り合える実力派も出てきました。今日は皆さんに、より抜いた粒ぞろいの実力派イヤホンたちを紹介します。  なお、めんどくさい人は「一番のオススメは?」のところから確認してください。 5000円以下のオススメモデル  この価格帯は完全ワイヤレスイヤホンとしては底辺で、エントリークラスになります。安いモデルは3000円を切る価格からありますが、一定の実力があるモデルは3000円以上のモデルがほとんどです。 Dudios Zeus Ace Zagzog TWS-M3 Eleoption N09 Orit OR01 MEBUYZ E18 SRUIK D09 TaoTronics SOUNDLIBERTY 53 GUSGU GSG-T10 Enacfire Future Plus  この機種は EnacFire Future のマイナーチェンジバージョンでイヤホン本体にはほとんど改良が加えられていません。充電ケースだけ、モバイルバッテリー機能付きの大容量のものに変更されており、いわゆる「モンスタースペック」系になりました。Futureの弱点が最大再生時間の短さだったので、この変更は適切に思えます。  音質はFuture譲りの重厚感のあるフラットサウンドで、SoundPEATS系イヤホンに多い、低域重視サウンドです。高域は比較的おとなしく、どちらかといえば低域が張り出してライブ感を強調します。没入感の高いサウンドで外音遮断性が高めなので、外出時に音楽に没頭したい人にはおすすめできます。 UENO WA-X1(F8) FEYCH NB-T01 Hiyoo A66(A8-C5) EnacFire E18 plus  E18 Plusという名前ですが、 Future Plusと違って元となったE18がどの機種かは不明です。 MEBUYZ E18の可能性もありますが、音質やデザインにかなり変更が加えられているので、イヤホン本体は Future と大差なかったFuture Plusと違ってほとんど別機種です。  音質的にはフラットに近いですが、低域はやや抑えめで、中高域以上にフォーカスがあります。そのため、ハイファイ感がある見通しの良い透明感のある音質になっているのが特徴で、現代的なEDMやアイドルソング、アニソンと相性が良いです。  この価格帯では珍しく、高音質コーデックaptXに対応しているのも特徴で、通信安定性が高めです。

サポートの素晴らしいSoundPEATS

SoundPEATSは製品クオリティが高いことも人気の要因でしたが、それ以上に評判となったのが丁寧なユーザーサポートです。SoundPEATSのイヤホンには独自の長期保証があり、amazonの返品期間を過ぎてしまっても不具合が発生した場合、ショップに連絡すればSoundPEATSが独自に丁寧な対応をしてくれます。

ビルドクオリティも高い

格安の中華製完全ワイヤレスイヤホンは多数ありますが、SoundPEATSは人気のブランドだけあって生産体制も強固、製造品質はかなり高めです。デザインに派手さはあまりありませんが、工作精度が高く、外観に品質の低いところはありません。

ビルドクオリティが高いということは、それだけ製品の品質管理が高いということであり、故障率は低下します。SoundPEATS製品も完璧ではないので、不良品も混じりますが、一般的な中華製品に比べて不良率は低いです。

実は完全ワイヤレスイヤホンでは日本のオーディオメーカーも品質がまだ安定していないところがあって、低価格の中華製完全ワイヤレスイヤホンと比べて不良品率が低いとは必ずしも言い切れません。そもそも完全ワイヤレスイヤホンは日本のメーカーのものでも中国製が普通になっています。中国で最も出荷数が多いメーカーであるSoundPEATSは、ノウハウを一番積んでいるとも言えます。

通信品質

通信品質は低価格ではかなり優秀な方です。通信が混雑している駅のホームでもそれなりに途切れにくく、低価格の中では品質が高く思えます。昔からSoundPEATSは良質な通信チップを使っていました。

企画から製造まで時間がかかるため、どうしても少し古いチップを使うことになってしまう有名ブランド品に比べて、チップが新しいことが多いので、通信品質面では優秀なことも多いです。

バッテリー性能

イヤホン単体の連続再生時間は4時間、ケース込みで最大再生時間は35時間まで対応します。これは完全ワイヤレスイヤホンとしては標準か、ちょっと高めくらいの性能で、日常使用ならあまり不足を感じないスペックです。

防水性能

防水性能はIPX4相当です。このレベルだと雨の中で使用するのは避けた方が良いです。小雨程度なら耐えられるスペックとされていますが、実際には濡れがひどいと故障につながりやすいですし、水没させればすぐ故障します。基本的には防水というより防汗と考えた方が良いです。

IPX4とは、防水に関する保護等級の1種で、「あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない」ことが求められます。その為に、半円式の散水装置にて各散水口当たり0.07ℓ/分の水を鉛直方向から、両端180°までの角度で10 分間散水した際に、浸水がないことが確認された場合、認められます。一般的にIPX4を満たしていた場合、生活防水を果たすことができているとみなされます。そのため、屋外盤などの雨水が当たることがある場合には、一般的にIPX4を満たしていれば問題なく使用できると言えます。ただし、豪雨地帯などの場合では、1段階上のIPX5を満たしておいた方が良いと言えます。

https://www.maesyou.com/glossary/ipx4/

音質

SoundPEATSは低域のしっかりした構造の上に中高域を出すバランスの良い音響が特徴です。この機種もほどよい厚みのある低域と、そこそこさわやかな見通し感のある中高域が楽しめるのが特徴で、比較的万能なバランスで癖がないと言えます。

コストパフォーマンス

スペック的には普通ですが、アフターケアの良さや工作精度の高い品質などを考えると、満足度は高く、顧客満足度的な意味でのコスパは優秀だと結論づけられます。

SoundPEATS TrueFree+

8.2

装着感

8.5/10

バッテリー

7.0/10

通信品質

8.5/10

防水性能

6.0/10

高音

8.0/10

中音

8.0/10

低音

8.5/10

コスパ

9.5/10

お気に入り度

9.5/10

Pros

  • アフターケアが良い
  • 高いユーザー満足度
  • バランスの良い音質
  • 高い工作精度
  • 通信品質が高い

Cons

  • 平凡なスペック

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...