【レビュー】おすすめの完全ワイヤレスイヤホン:Jaybird RUN XT

2019年5月30日

Jaybird RUN XT
Jaybird RUN XT
Jaybird RUN XT 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth/防水・防汗対応(IPX7) ブラック JBD-RUN-002BK 【国内正規品】

Jaybirdはスポーツ向けワイヤレスイヤホンで知られているアメリカのオーディオメーカーです。そのJaybirdから発売された完全ワイヤレスイヤホンがこのRUN XTになります。スポーツ向けの完全ワイヤレスモデルとしてはJabra Elite Active 65tJBL UA Sport WIreless Flashなどが知られていますが、RUN XTも同じようにおすすめできる機種です。

【特集】価格帯別で選ぶ!5000円以下!コスパのよいおすすめ完全ワイヤレスイヤホン【左右分離型】[2019/11/12 最新版] - audio-sound @ hatena

今回は人気のワイヤレスイヤホンの中から、実際に使ってみて特にコスパが高いと思われる機種を紹介します。去年までの完全ワイヤレスモデルの傾向というと、低価格帯完全ワイヤレスモデルはあまり質が良いものがなく、有名メーカー製は高すぎて高嶺の花という感じでした。しかし、2018年になると有名メーカー製もラインナップが充実し、低価格モデルは洗練されて、中にはメーカー製と渡り合える実力派も出てきました。今日は皆さんに、より抜いた粒ぞろいの実力派イヤホンたちを紹介します。  なお、めんどくさい人は「一番のオススメは?」のところから確認してください。 5000円以下のオススメモデル  この価格帯は完全ワイヤレスイヤホンとしては底辺で、エントリークラスになります。安いモデルは3000円を切る価格からありますが、一定の実力があるモデルは3000円以上のモデルがほとんどです。 Dudios Zeus Ace Zagzog TWS-M3 Eleoption N09 Orit OR01 MEBUYZ E18 SRUIK D09 TaoTronics SOUNDLIBERTY 53 GUSGU GSG-T10 Enacfire Future Plus  この機種は EnacFire Future のマイナーチェンジバージョンでイヤホン本体にはほとんど改良が加えられていません。充電ケースだけ、モバイルバッテリー機能付きの大容量のものに変更されており、いわゆる「モンスタースペック」系になりました。Futureの弱点が最大再生時間の短さだったので、この変更は適切に思えます。  音質はFuture譲りの重厚感のあるフラットサウンドで、SoundPEATS系イヤホンに多い、低域重視サウンドです。高域は比較的おとなしく、どちらかといえば低域が張り出してライブ感を強調します。没入感の高いサウンドで外音遮断性が高めなので、外出時に音楽に没頭したい人にはおすすめできます。 UENO WA-X1(F8) FEYCH NB-T01 Hiyoo A66(A8-C5) EnacFire E18 plus  E18 Plusという名前ですが、 Future Plusと違って元となったE18がどの機種かは不明です。 MEBUYZ E18の可能性もありますが、音質やデザインにかなり変更が加えられているので、イヤホン本体は Future と大差なかったFuture Plusと違ってほとんど別機種です。  音質的にはフラットに近いですが、低域はやや抑えめで、中高域以上にフォーカスがあります。そのため、ハイファイ感がある見通しの良い透明感のある音質になっているのが特徴で、現代的なEDMやアイドルソング、アニソンと相性が良いです。  この価格帯では珍しく、高音質コーデックaptXに対応しているのも特徴で、通信安定性が高めです。

快適な装着感

Jaybird RUN XTはスポーツモデルらしく、快適な装着性を実現しています。イヤーウィングがしっかり耳にイヤホンを固定し、ランニングで身体を揺らしても、逆立ちしてもまったく落ちることはありません。外出時に使用するなら、この安定した装着感は魅力になるはずです。

アプリで音質を調整可能

この製品には専用アプリがあります。ライバルのElite Active 65tやUA Sport Wirelessはヒアスルー機能を備えていますが、RUN XTはRUN XTにはありません。ただしイコライザーが使えるので、音質を自分好みにアレンジすることが可能です。

IPX7の高い防水性能

防水性能はIPX7です。水泳にも利用できるほどの防水性能なので、アウトドアやレジャーでも問題なく使えますし、風雨にも強いので日常使用でも活躍します。多少の深さなら水没させても問題ないので、アクシデントにも強いのが魅力です。

[水の侵入に対する保護等級]
0級:特に保護がされていない
1級:鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
2級:鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
3級:鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
4級:あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
5級:あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
6級:あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
7級:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
8級:継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

https://www.goodspress.jp/howto/11516/2/

バッテリー品質は標準以下

イヤホン単体での連続再生時間が4時間、ケース込みで最大12時間再生出来ます。同価格の完全ワイヤレスイヤホンの中では優れた性能とは言えませんが、スポーツや通勤通学目的なら充分な長さです。

通信品質は少し安定しない

通信品質はあまり高くありません。通信の途絶はそれなりにあり、街中ではかなり気になるかも知れません。両耳の音が途絶することも多く、通信が混雑するところではなかなか音楽を安定して楽しめない可能性があります。右イヤホン側がレシーバーになっているので、再生機器を右側に持ってくると若干通信品質が改善されるようです。対応コーデックはSBCのみ。

やや硬い操作性

インターフェースは物理式でボタンは若干硬く、強く押し込む必要があります。意外と耳に圧迫感が出るところがあるので、硬い操作感が苦手な人は避けた方が良いかもしれません。

ドンシャリな音質

音の輪郭と発色がよく、バランス的にはドンシャリな音になります。やや鮮明感を強く出し過ぎているところはあり、落ち着きのない音に感じるところはあります。1万円台で高音質な完全ワイヤレスイヤホンも多いので、音質的に強みを感じませんし、好みにも左右されやすい傾向の音ですから、試聴してから買うのが良いと思います。

コストパフォーマンス

あまりよくありません。ライバルのJabra Elite Active 65tのほうがバッテリースペックは勝っていますし、機能性も高いです。JBL UA Sport Wirelessはこれよりかなり安く手に入る上に、ヒアスルー機能を備えていて、アンダーアーマーのスポーツアプリも使えます。しかも音質はJBLらしい重厚感のある音で、同じドンシャリ傾向でも、このRUN XTよりボリューム感があって聴きやすいです。

Jaybird RUN XT

7.1

装着感

8.5/10

バッテリー

6.0/10

通信品質

6.5/10

防水性能

9.0/10

高音

7.0/10

中音

6.5/10

低音

8.0/10

コスパ

5.0/10

Pros

  • 装着感が良い
  • 高い防水性能
  • イコライザー搭載

Cons

  • コスパが悪い
  • 操作インターフェースが硬い
  • バッテリーが貧弱

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...