【レビュー】おすすめのイヤホン:FiiO FH1

2020年3月15日

FiiO FH1
FiiO FH1
FiiO FH1 Black FIO-IEMFH1-B

FiiOはIEMを積極的にリリースしています。その中でもFiiO FH1は価格を抑えて、コンシューマーに魅力的な音楽環境を提供するパッケージです。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

FiiO FH1は銀製の楕円形フレームが埋め込まれたプラスチック素材です。FiiOは上位機種でフルアルミニウムを採用していますが、このFH1はABS素材が採用されています。

フィット感は良く考慮されていて、耳に快適です。

仕様など

ドライバー構成 1 ダイナミック・ドライバー + 1 バランスド・アーマチュア・ドライバー(knowles製33518)
再生周波数帯域 20Hz ~ 40kHz
能率 106 dB/mW
インピーダンス 26 Ω
付属ケーブルの長さ 1.2 m
重量 21 g (ケーブル含む)
本体色 ブラック
ケーブル着脱 対応 (standard MMCX connector)
ケーブル
3.5mm シングルエンド接続用ケーブル: ブラック, リモコン付(※iOSではボリューム調整機能が動作しません), TPE被服, 錫メッキ純銅を導体に使用, 金メッキ端子
2.5mm バランス接続用ケーブル: ブラック, 4本編み込み式, 5N高純度無酸素銅線を導体に使用, 金メッキ端子
プラグ L字型プラグ

https://www.fiio.jp/products/fh1/

音質

FiiO FH1は非常にコストパフォーマンスの良好なモニターです。

低域は重低音の振動と重いパンチを感じさせます。充分な温かみと厚みのある音ですが、中域ににじみ出ることはありません。音場を丁寧に支えるゆったりとしたウォームな低域です。低域は曲によって少しマスキングが目立ちます。

中域は一転してディテールを強調します。たしかに低域近くはそれほど詳細ではありません。ディテールは中高域と低高域のあたりで最も細かくなります。したがってギターのエッジに最大限のディテールが感じられるでしょう。細部の再現は非常に繊細で、少しドライな印象を与え、またそれほど明るくないです。ボーカルの分離は良いです。

高域は透明感やのびやかさはそれほどでもありません。空気感はそれなりに感じさせますが、ディテールはそれほど細かくありません。

ステージングとイメージングに関しては価格帯標準以上ということができます。

コストパフォーマンス

全体的なビルドクオリティや装着感は価格帯でより優れた方に位置しており、パッケージも価格の割には豪華です。比較的廉価でよく構築されたIEMのパッケージがここにあります。

より詳しい情報

より詳しい情報については以下のレビューを参考にして下さい。

FiiO FH1

8.4

装着感

9.0/10

高音

8.0/10

中音

8.5/10

低音

7.5/10

コスパ

9.0/10

Pros

  • ビルドクオリティが高い
  • アクセサリーが豊富
  • 装着感が良好
  • 詳細な中域
  • トーンバランスが良い

Cons

  • 低域はディテールが曖昧