【レビュー】おすすめの中華イヤホン:WG T-one

WG T-one
WG T-one
WG T-one ダイナミックHiFiイヤホン テスラ磁気グループ特許をもってドライバが搭載され スピーカーのような音場効果を持ったカナル型イヤホン リケーブル可能 8コア無酸素銅銀メッキケーブルと金メッキMMCX端子 CNC加工された金属筐体とフェイスプレート 密閉型 脱着式 ノイズキャンセリング機能を持ったHiFi中華製イヤホン (緑(グリーン))

WG T-oneはテスラドライバーを搭載している新作中華イヤホンです。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

WG T-oneはTFZのQUEENをリスペクトしたかのようなハウジングデザインを採用しています。シェルは非常に小型で金属製のハウジングを備えており、頑丈で思いのほか軽量です。余計な共振を抑えるという意味でもこの選択は悪くないでしょう。

仕様など

パラメーター
製品名:WG T-one ダイナミックHiFiイヤホン
ブランド:WG
モデル:T-one
ドライバ:10.2mm特許をもらったダブル磁気グループダイナミックドライバ
筐体とフェイスプレート:CNC加工された
ケーブル:8コア無酸素銅銀メッキケーブル
ドライバの組み合わせ:ダブル複合ダイヤフラムが搭載された
感度:105dB@1KHz
インピーダンス:36ohm@1KHz
周波数反応範囲:20-20000Hz

amazonの商品ページ

音質

WG T-oneは暖かみのある深い重低音と鮮やかな中高域が特徴的なV字のドンシャリサウンドを持っています。

低域

WG T-Oneのウォームサウンドの源泉は、低域にあります。アグレッシブさには少し欠けますが、良いインパクトと自然な重量を持っています。ニュートラルのよりは量が多く、低音は十分に感じられますが、非常に高速で、パンチの効いた、しかし制御されたボディのある音になります。

重低域から中低域への移行は非常に直線的で、ニュートラルに近い味付けです。重低音が深掘り感があり、心地よい床鳴りがあります。

中域

WG T-Oneは、ゆるやかなV字型のサウンドシグネチャーを持っています。しかし、低域のボディがあるせいか、実際は中域にそれほど後退を感じません。中域は低域との繋がりが良いのでは厚みがあり、十分な暖かさがあります。ボーカルは暖かく自然な音色を持ち、非常に滑らかです。

高域

高域ではより低い中域近くに強調点があります。相対的にピークが低いことで音像に明瞭性が感じられますが、煌めきや風通しの面ではやや劣るところがあります。

音場

サウンドステージの平均的です。幅と奥行きはほぼ同等です。

コストパフォーマンス

ビルドクオリティは比較的良好です。装着感も悪くなく、ハウジングは軽量なのに頑丈です。暖かく聴き心地の良い音質を持ちながら、明瞭感もあり、バランスの良い音質です。

より詳しい情報

より詳しい情報については以下のレビューを参考にして下さい。

WG T-one

8.6

装着感

8.5/10

高音

8.5/10

中音

8.5/10

低音

8.5/10

コスパ

9.0/10

Pros

  • ビルドクオリティが高い
  • 装着感が良好
  • パンチのある低域
  • ウォームで聴き心地が良い

Cons

  • 開放感に欠ける

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...