【レビュー】おすすめの中華イヤホン:TRN X6

2020年3月15日

TRN X6
TRN X6
TRN X6 6BA バランスド アーマチュア ドライバー6基を搭載したイヤホン 医療用樹脂筐体を採用 高音質 密閉型 完全手作って生成する遮音性を向上 56コアーOFCケーブル着脱式 0.78mm2pinコネクタ mmcx端子 高級なカスタムドライバーを搭載した中華イヤホン (マイク付き)

格安IEMでお馴染みの中華メーカーTRNから1万円以内で6BA搭載という驚異のイヤホンがリリースされています。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

値段が安いですが、意外とまともなビルドクオリティです。樹脂ハウジングにもチープさはなく、外観上は高級感のあるIEMに見えます。耳に当たる部分もしっかりケーブルカバーがされていて不快感が取り除かれています。

仕様など

製品パーラメント
ブランド:TRN
モデル:TRN-X6
プラグ:3.5mm
付け方:耳掛け式
ドライバー:12BA 12基バランスド.アーマチュア型ドライバー
コネクタ:0.75mm 
周波数範囲:10Hz-40KHz
感度:96dB
インピーダンス:58Ω
カーラー:ブラック
リケーブル長:1.25m
重量:20g
同梱品:
イヤホン本体X1
イヤーピスX3
端子ケーブルX1
合格証X 1
保証書X 1
取り扱い説明書x 1

amazonの商品ページ

音質

この機種の特徴としては高いインピーダンスと低い感度に注目する必要があります。公式スペックでは感度は96dB、インピーダンスは58Ωとなっており、1万円以下ではかなり鳴らしにくいほうになります。スマホではやや力不足を感じるかも知れません。音質は6BAの割には分解能や解像感は高くなく、価格なりです。

低域はスムーズで、タイトな印象を受け、スピード感も充分に思えますが、音像はあまり明確でなく、ダイナミックレンジもよくない音に聞こえます。量感はあまりなく、深みに欠けるところがあります。

中域はやや出張るかまぼこ型になっており、音楽的なメリハリ感に掛けるボーッとした感じに聞こえます。聞き疲れはしにくいのは利点かも知れません。

高域はドライです。中音の上よりは奥まり、伸びが良くありません。多少派手さはありますが、薄っぺらい印象のある音です。

音場は広くもなく狭くもなくといった感じです。音像はややはっきりしません。音のディテールは全体的に価格なりで、中域だけ少し味わいを感じます。

コストパフォーマンス

6BAの割に安い価格に驚くかも知れませんが、音質は価格帯では平凡です。特にコスパが高い機種ではありません。

TRN X6

6.9

装着感

8.5/10

高音

6.5/10

中音

7.5/10

低音

7.0/10

コスパ

5.0/10

Pros

  • 低価格で6BA
  • 高いビルドクオリティ

Cons

  • きわめて平凡で面白味のない音質