【レビュー】おすすめの中華イヤホン:Tipsy DUNMER S

2020年3月15日

Tipsy DUNMER S
Tipsy DUNMER S
Dunmer S (Blue)

Tipsy DUNMER S は、シングルダイナミックドライバー構成の中国製インイヤーモニターです。Tipsyはインイヤーモニターを提供する比較的新興のオーディオメーカーで、この機種はコスパに優れたイヤホンです。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

DUNMER Sのビルドクオリティはなかなか良く、見た目はとてもきれいです。光沢のあるアクリル製のハウジングは鮮やかな花崗岩のように仕上げられたフェイスプレートがあしらわれていて、アクセサリーのように華やかです。しかし金属製のイヤホンに比べると耐久性には注意する必要があるでしょう。

仕様など

ダイナミック・ドライバー 1基(9.2mm)

Impedance 16Ω Frequency:20-20000Hz Sensitivity 105dB

CABLE:3.5mm jack 0.78 2PIN 1.2m

Accessories: Ear pats 3 type

amazonの商品ページ

音質

音質は高域にかなりの強調があります。少し押し出しの強い高域になるので、ピーキーな感じがあり、刺さりやすいところがあります。ドンシャリです。

低域

低域はパンチが効いており、堅牢な重低音の存在感とスピード感があります。力強いパンチがありますが、暖かみが中域に浸潤することがなく、比較的良質に思えます。

中域

中域は滑らかですが、ディテール感は平均的です。ボーカルと弦楽器は美しく聞こえるので、とくに女性ボーカルは輝いてきれいに聞こえるかもしれません。十分なスポットライトが当たっています。

高域

高域に強調点を置く味付けになっていて、シャープなディテール感と開放感を音場に加えますが、刺さりやすい傾向にあります。シャリシャリした音が嫌いな人には少し注意が必要です。とくに高い高域ではきらきらと輝き、派手さがあって、その存在は低域と中域の両方よりも押し出されて聞こえ、人工的でわずかに不快なチューニングに思えます。

音場

幅に優れています。奥行きも悪くありません。

コストパフォーマンス

価格帯で本当に優れているという機種ではありませんが、輝きのある高域が好きならおすすめできます。女性ボーカルも悪くありませんが、しかしMoondrop KXXSSIMGOT EM2など、同価格やより安い価格帯の機種とも聴き比べてみると良いでしょう。

Tipsy DUNMER S

7.7

装着感

8.0/10

高音

8.0/10

中音

8.0/10

低音

7.5/10

コスパ

7.0/10

Pros

  • 見た目が綺麗
  • 派手で楽しい高域
  • 女性ボーカルが美しい

Cons

  • 少しピーキー
  • ディテール感は平凡

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...