【レビュー】おすすめのイヤホン:SHURE SE112

2019年6月18日

SHURE SE112
SHURE SE112
SHURE イヤホン SEシリーズ SE112 カナル型 高遮音性 グレー SE112GR-A 【国内正規品】

根強い人気を誇っているSHUREの中でも廉価でエントリークラスのイヤホンになるSE112を今回はレビューします。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

SHUREらしくビルドクオリティは価格水準以上です。樽形あるいはどんぐりのようなデザインはSHURE掛けと呼ばれる耳上にコードを挟むデザインに最適化されています。耳下に直にケーブルを垂らすことは可能ですが、おそらく充分な音質の恩恵を受けることは出来ませんし、耳から脱落しやすいでしょう。

仕様など

質量: 30 g
音の特徴: 力強い低域を伴う優れたサウンド
感度: 105 dB SPL/mW
インピーダンス: 16 Ω
再生周波数帯域: 25 Hz – 17 kHz
ケーブルの長さ: 127 cm
ノイズ減衰量(最大): 37 dB
Micro Driver: シングルダイナミック
ケーブル: 着脱不可
色: グレー, ブラック

https://www.shure.co.jp/products/earphones/se112

音質

SE112は価格帯ではかなりバランスの良いサウンドを提供していますが、たとえばZERO AUDIO製品のようなエネルギッシュさはありません。あくまでゆったりとした聴き心地を重視しており、聞き疲れしない音作りをしています。SE112の解像度は高くありませんが、ほどよく地ならしされている感覚があり、空間的な広がりを感じさせる音です。音が訓微妙な表現はニュアンスとして伝わりますが、個々の楽器のディテールが高いサウンドではありません。

SE112の低域に強調はありませんが、深さも充分で価格帯の中では堅実な表現です。

中域はわずかに前面に出てボーカルを強調します。ふんわりとした空気感が包んでいますが、低域近くの混濁や高域付近に荒れる感じはありません。

高域は細部は比較的詳細でクリスプな印象を与えます。

コストパフォーマンス

コスパは悪くありません。しかし目に見えて良いというわけでもありません。この価格帯では比較的バランスが良く、聞き疲れしない音質を提供しているという意味で、このイヤホンは万人向きであり、万能です。その意味でハズレにはなりにくい製品ですが、当たりにもなりにくいです。ただし、遮音性は優秀です。

SHURE SE112

7.8

装着感

9.0/10

高音

7.5/10

中音

8.0/10

低音

7.5/10

コスパ

7.0/10

Pros

  • ビルドクオリティが高い
  • 装着感が良好
  • 遮音性が高い
  • バランスの取れた音質
  • 聞き疲れしにくい

Cons

  • 個性に乏しい