【レビュー】おすすめの中華イヤホン:Shozy Form 1.4

2020年7月7日

Shozy Form 1.4
Shozy Form 1.4
Shozy Form 1.4 1DD+4BA 本格的IEM 0.78 2Pin

Shozy Form 1.4は、ベリリウムダイナミックドライバー1基とバランスドアーマチュアドライバー4基が組み合わされたイヤホンです。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

Form 1.4は、同じシリーズの1.1のデザインを引き継いでいますが、クオリティはさらに良質になっています。医療グレードの樹脂でイヤーシェルが構成されており、木製のフェイスプレートが組み合わされています。フェイスプレートの木目はそれぞれの個体に固有のユニークな模様を持っており、深みのある光沢が高級感を演出してくれます。

高級イヤホンに匹敵する美しい外観を持っており、とてもこの価格で買えるとは思えません。

仕様など

1DD(ベリリウム・コーティング)

9.2mm+4BA

感度:100dB

周波数特性:20Hz-20000Hz

インピーダンス:19Ω

ケーブル:0.78 2PIN OFC 3.5mmJack

amazonの商品ページ

音質

Form 1.4はニュートラルよりは多い低域、丸みを帯びたリッチな中域のプレゼンテーション、少しピーク感の強い刺激的な高域を持っています。

低域

重低域の拡張性は良く、低音はかなり深くまで到達します。ニュートラルよりは強調されているので熱気があります。中低域の量も十分で、低域好きを満足させることができるかは微妙なところですが、低域の量感で不足は感じないでしょう。

中域

滑らかで暖かみがあり、中域上部に落ち込んでいて、高域方向でミュートになっているために、中域のフォーカスは良好です。ディテールは丁寧ですが、過度に分析的にはなっていません。ボーカルは上向きで適度に前面に出てきて、ニュアンスは良好なレベルで活き活きしています。

高域

おそらく低域の温度感とのバランスを保つために、Form 1.4は高域に隆起を必要としたと思われ、高域にピークを持ちます。打楽器やシンバルのような楽器はエッジが引き立ち、刺激が強調されます。鋭いアタックと繊細さに貢献していますが、少し甲高い音に聞こえ、人によっては耳障りな印象を受ける可能性があります。

音場

音場は幅に優れていますが、奥行きや高さは平均的に感じるでしょう。

コストパフォーマンス

2万円台のイヤホンとしてはビルドクオリティには間違いなく満足できるはずです。音質は好みがありますが、バランスは取れています。高域で適度に刺激的なサウンドは好みを分けるところがあり、適度なエッジ感を好むリスナーには楽しくシャープネスの良いサウンドに聴こえるでしょうが、刺さりに敏感なリスナーには細かなピークがうるさげに思われる可能性があります。

より詳しい情報

より詳しい情報については以下のレビューを参考にしてください。

Shozy Form 1.4

8.6

装着感

8.5/10

高音

8.0/10

中音

8.5/10

低音

8.5/10

コスパ

9.0/10

おすすめ度

9.0/10

Pros

  • ビルドクオリティが高い
  • ケーブルクオリティが高い
  • コスパ良好
  • 深く重い低域
  • ウォームで聞き心地が良い

Cons

  • 少しピーキーな高域