【レビュー】おすすめのイヤホン:I-INTO i8

2020年3月15日

I-INTO i8
I-INTO i8
イヤホン 高音質 重低音 有線 カナル型 イヤフォン ノイズキャンセル 3DD 6ドライバ搭載 マイク付き i8

I-INTOという中華メーカーのイヤホンです。元々知名度の薄い中華メーカーの中でも特に知られていないメーカーのようですが、比較的低価格で3発ものダイナミックドライバーを搭載しているのが特徴です。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

付属品の多さで、ごく一部でわずかに人気のあった低価格中華イヤホンであるVJJB V1と同じようなデザインをしており、おそらく同系統のキットを使っています。

ビルドクオリティは低価格の割に高く、半透明なシェルの内側にドライバーが透けて少しかっこいい印象を受けます。ハウジングは耳への収まりがよく、長時間のリスニングにおいても快適性が高いです。

仕様など

音質

低域重視の音質ですが、3基のドライバーを積んで余裕があるのか、高域方向も比較的良く拡張されています。

低域は深掘り感に優れ、かなり深いところまで表現されます。低域は均一に強調されている印象があり、重低音の存在感がしっかりと感じられるため、エレクトロダンスミュージック(EDM)向きの低音に思えます。やや支配力が強いですが、中域を追い隠すことはありません。

低域がやや前面に出てくるにも拘わらず、中域もそれほど引っ込んだ感じはありません。なめらかに低域とつながっており、色味はニュートラルです。比較的広めにサウンドステージを感じさせてくれます。

高域はニュートラルで自然でなめらかです。マイルドな印象を受ける音で刺さりは無く、聞き疲れしないように調整されています。

コストパフォーマンス

ビルドクオリティも充分に高く、音質も低域がやや目立つものの、ニュートラルで自然な色味があり、聞き疲れしない音です。コスパは悪くありません。

I-INTO i8

8.1

装着感

8.0/10

高音

7.5/10

中音

8.0/10

低音

8.5/10

コスパ

8.5/10

Pros

  • ビルドクオリティが高い
  • 装着感が良好
  • バランスの取れた音質
  • パワフルで深掘り感のある低域
  • 聞き疲れしにくい

Cons

  • 低音が支配的

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...