【レビュー】おすすめのイヤホン:audio-technica ATH-LS50

audio-technica ATH-LS50
audio-technica ATH-LS50
オーディオテクニカ インナーイヤーヘッドホン ネイビー ATH-LS50 NV

オーディオテクニカのLSシリーズではエントリークラスに属するイヤホンです。コスパが良いと評判になっています。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

比較的廉価なイヤホンですが、リケーブルに対応しています。ただしコネクタはオーディオテクニカ独自のA2DCコネクタです。ビルドクオリティ的には上位機種のATH-LS70とほとんど違いはありません。

仕様など

型式 ダイナミック型
ドライバー φ8.8mm
出力音圧レベル 103dB/mW
再生周波数帯域 5~25,000Hz
最大入力 200mW
インピーダンス 11.5Ω
質量(コード除く) 約6.5g
入力端子 A2DCコネクタージャック
● 付属品:コード(着脱式):1.2m(φ3.5mm金メッキステレオミニプラグ/L型)、
ポーチ、イヤピース(XS,S,M,L)
● 別売:交換イヤピース ER-CKM55、交換コード LS70/50専用着脱コード
ヘッドホン用着脱ケーブル HDC313A/1.2、HDC314A/1.2、HDC312A/1.2

https://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=2891

音質

上位機種のATH-LS70に比べると全体的に解像度は粗いですが、音質傾向は似ていて、ライブ感のある音を奏でます。

低域はATH-LS50の最も魅力的な部分です。SOLID BASSシリーズとは異なって素直に量感があり、パワフルさを前面に出した音です。細部はやや詳細さに欠け、大雑把なところがありますが、勢いがあって楽しい音です。

中域は透明感があり、価格を考えると充分に詳細です。音には滑らかさがあります。ボーカルは中庸で配置はそれほど前屈みではありません。

高域には明るさがあります。ピアノは少し派手めに聞こえるでしょう。パーカッションにも爽快感があります。ただし高域の拡張は広くなく、ロールオフは早めで、高さはそれほどでもありません。

コストパフォーマンス

ライブ感のある楽しいサウンドが好きなら、このイヤホンはかなりコスパ良く思えるはずです。実際、このイヤホンは好意的に迎えられているようです。上位機種と変わらぬビルドクオリティとリケーブルへの対応もうれしいところです。

より詳しい情報

より詳しい情報については以下のレビューを参考にして下さい。

audio-technica ATH-LS50

8.2

装着感

8.5/10

高音

7.5/10

中音

7.5/10

低音

8.0/10

コスパ

9.5/10

Pros

  • 装着感が良い
  • 元気でパワフルな低域
  • ダイナミックな楽しい音質
  • ロックを楽しめる

Cons

  • 独自ケーブルコネクタ
  • 高域はやや物足りない

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...