【レビュー】おすすめの完全ワイヤレスイヤホン:FunCee P10(FC-W1)

2019年12月9日

FunCee P10(FC-W1)
[進化版 Bluetooth5.0] FunCee Bluetooth イヤホン 120時間連続駆動 完全ワイヤレス イヤホン ACC Hi-Fi 高音質 両耳 IPX7完全防水 充電式収納ケース付き 左右分離型 自動ペアリング ブルートゥース イヤホン 自動ON/OFF マイク付 Siri対応 iPhone Android Samsung対応 (黒)

1万円以下でモバイルバッテリー機能付きの最大120時間再生可能な大容量ケースが付いている機種です。amazonの商品ページでは製造型番がFC-W1になっていますが、パッケージにはP10と書いてあり、おそらくP10がこの機種の型番だと思われます。

最近の低価格の中国メーカー製完全ワイヤレスイヤホンは音質や通信品質も向上してきており、使い勝手は大きく改善してきていますが、その中でもとくにスペックや音質で秀でていると思える機種の一つがこのFunCee P10(FC-W1)です。

デザイン的には人気機種pasonomi X9に少し似ており、USBの位置などは異なりますが、X9のデザインに影響を受けた機種と思われます。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンを紹介します[5000円以下編] - audio-sound @ hatena

魅力的な完全ワイヤレスイヤホンたちをご紹介!  当ブログではこれまでおそらく200機種以上の完全ワイヤレスイヤホン を紹介してきました。ほぼ毎日レビュー記事を書いているので、なかなかまとめる機会がありませんでしたが、今回その中でも最近のお気に入りでコスパ最強と言える機種を価格帯別に紹介しようと思います。  今回は5000円以下で購入できる機種から紹介します。 5000円以下のお気に入り機種 ...

ソフトな装着感

装着感は耳当たりが良いソフトな感じで付け心地は良いです。耳に嵌まりすぎないデザインになっているので、耳の形によっては遮音性は若干低く感じるかも知れませんが、圧迫感はありません。

最大120時間再生可能な大容量バッテリーケース

この機種のバッテリーケースの容量は3500mAhもあります。そのため最大120時間もの連続再生が可能となっています。つまり一度充電すればほぼ一週間使用可能です。泊まりがけの旅行に最適で海外旅行でも活躍してくれます。モバイルバッテリー機能も付いており、スマホ一台丸々充電可能ですから、遠足なんかに持っていくのもいいでしょう。

防水性能はIPX7

防水性能も高く、IPX等級で7相当の防水性があります。これは水泳やお風呂で使用しても問題ないレベルですから、アウトドアスポーツのお供にも充分使えます。もちろん雨の中でも問題なく使えますから、長距離ランニング中に天候が悪くなっても継続使用が出来ます。

[水の侵入に対する保護等級]
0級:特に保護がされていない
1級:鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
2級:鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
3級:鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
4級:あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
5級:あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
6級:あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
7級:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
8級:継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

https://www.goodspress.jp/howto/11516/2/

音質

音質は重厚よりのドンシャリです。低域がしっかり出て音楽を楽しく聴けるバランスになっていて、しかも音に潰れた感じはあまりなく、この価格帯ではなかなかの音質です。高域は少し暗い音ですが、なめらかでクリアな聴き心地です。

コストパフォーマンス

スペックや使い勝手を考えるとコスパはかなりよいです。この機種は一ヶ月に2~4回程度の頻度で、定期的にamazonでタイムセールをしているようで、その時を狙えば5000円以下で手に入ります。

FunCee P10(FC-W1)

8.3

装着感

8.5/10

バッテリー

9.8/10

通信品質

8.5/10

防水性能

9.0/10

高音

7.0/10

中音

7.5/10

低音

7.5/10

コスパ

8.5/10

Pros

  • コスパ良好
  • 防水性能が高い
  • バッテリー容量が大きい
  • モバイルバッテリーとしても利用可能
  • 中低域に充実感
  • ソフトな付け心地

Cons

  • 緩い付け心地
  • 遮音性は高くない