【レビュー】おすすめのイヤホン:Astell & Kern Billie Jean

2019年7月7日

Astell & Kern Billie Jean
Astell & Kern Billie Jean
Astell&Kern IEM-JH Audio THE SIREN SERIES-Billie Jean [Red]

マイケル・ジャクソンがムーンウォークを初披露した名曲の名を冠するイヤホンは、高級デジタルオーディオプレーヤーでお馴染み「Astell & Kern」とイヤーモニター界の巨匠ジェリー・ハービーの「JH Audio」がタッグを組んで完成させました。その名の通り、80年代ロックシーンの名曲サウンドを味わうにふさわしい、重低音と明るい中高域を持つ、爽快でセンシティブな音響を実現しています。

【特集】2019年最新イヤピをご紹介[ePro Horn-shaped Tips/AZLA SednaEarfit Short/AZLA SednaEarfit Light Short/Fender SureSeal Tips] - audio-sound @ hatena

イヤホンの音質におけるイヤーピースの重要性が再認識されている  最近のオーディオ製品の主役といえば完全ワイヤレスイヤホンです。オーディオの売れ筋ランキングの上位が完全ワイヤレスイヤホンで占められることも珍しくない、というのが最近の傾向で、新たなオーディオブームの火付け役になっているとも過言ではありません。 ...

ビルドクオリティ

Billie Jeanを見た誰もが意識するのがそのヴィヴィッドなカーボンフェイスプレートです。それぞれにAstell & KernとJH Audioのロゴが印字され、耳当たりの良いビーンズタイプのハウジングに収まっています。このデザインはジェリー・ハービーが装着感を追求して作り込んだと言うとおり、耳穴に自然に吸着するように嵌まります。ただしステムがかなり耳道に入り込む構造になっているため、人によっては違和感や場合によって痛みを感じる可能性があります。その場合は大きめのイヤーピースにしたり、コンプライのようなクッション性の高いイヤーピースを使うと改善されます。

工作精度は高い印象ですが、このイヤホンのレビューのいくつかは開封時点でハウジングにクラックが生じている問題を指摘しています。音質に影響がないほどの微細なひび割れであることがほとんどのようですが、こだわる人は開封時によくチェックした方が良いでしょう。

仕様など

品名 Billie Jean
カラー RED , BLUE
形式 ユニバーサルフィットIEM (インイヤーモニター)
ユニット カスタムメイド・バランスドアーマチュアドライバー
(L/R各2ドライバー/高域×1、中低域×1、2ウェイ構成)
インピーダンス 18Ω
ノイズアイソレーション -26dB
コネクター形状 カスタムIEM 2pinタイプ
付属品 キャリングケース、IEMケーブル (3.5㎜/3極)
シリコンイヤーチップ (L・M・S)
*当製品は2.5mm/4極のIEMケーブルは付属しません

https://www.iriver.jp/products/product_168.php

音質

全体的には低域と高域が強調されたドンシャリ系の音になります。印象的には中高域の明るさが目立ち、低域は床面を主張する傾向の強い音です。80年代ロックやポップスでは低域を一つの床面のように表現する曲が多いので、中低域よりも重低域の広がりを重視したこの味付けは、それらの音楽とのマッチングを意識しているかのようです。もちろんこの快活な低域はエレクトロダンスでも元気に弾けた床面を聴かせてくれるので、現代的な曲に合わないというわけではなく、ダイナミックさのある音は現代的な音楽とも相性抜群です。

中域はサウンドステージを意識して良好です。低域が床面を感じさせるので、なおさらサウンドステージは明瞭感を持って感じられるところがあります。高域に向かって明るくなる傾向がある中域ですが、明るい中域にありがちな軽薄さはなく、一定の厚みを感じさせる重量感も備えています。腹筋が締まり、上に行くと胸筋が発達してたくましさを感じる、しなやかなV字の細マッチョボディを思い浮かべてみてください。Bellie Jeanの中域はまさにそんなイメージの音を奏でます。締まった筋肉のような、シャキッとしなやかな音です。ギターやキーボード、ボーカルにはたくましさがありますが、それを必要以上に強調せず、むしろキレの良い瞬発力を発揮して技巧的でアスレチックなロックサウンドが楽しめます。

高域は清潔ですが、やや主張が強いです。スピード感があり快活で、ギターのオーバードライブやディストーションを鮮やかに印象深く聴かせてくれます。エレキギターの表現は、多くのレビュアーが高く評価している機種です。

ロックをエモーショナルに聴けるエキサイティングなサウンドを求めているなら、このBellie Jeanは試してみる価値は充分にあるでしょう。

コストパフォーマンス

Bellie Jeanは価格帯では完成度が高く、とくに重低感のある低域に惹きつけられる人は多いでしょう。ライバルは同じくダイナミックなサウンドを持つAZLA HORIZONです。HORIZONよりは少しエキセントリックな感じが出てきますが、乗りが良くエキサイティングな感じが好きならHORIZONより魅力的に聞こえるかも知れません。

Astell & Kern Billie Jean

8.6

装着感

8.5/10

高音

8.0/10

中音

9.0/10

低音

9.0/10

コスパ

8.5/10

Pros

  • デザインがカッコイイ
  • 重低感のある低域
  • エキサイティングなサウンド

Cons

  • ハウジングの工作精度
  • エキセントリックなサウンド

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...