【レビュー】おすすめの完全ワイヤレスイヤホン:Vansky TWS01

2019年5月30日

Vansky TWS01
Vansky TWS01
【2019最新版 Bluetooth 5.0】Bluetooth イヤホン ブルートゥース イヤホン ワイヤレス イヤホン Hi-Fi 高音質 完全 ワイヤレス 3Dステレオサウンド マイク内蔵 自動ペアリング タッチ式 左右分離型 Siri対応 充電収納ケース付 iPhone/iPad/Android適用

完全ワイヤレスイヤホンではかなり低価格ですが、バッテリー品質が高いのが特徴です。通信品質はそれなりに安定しており、エントリーモデルの中ではそれなりに優秀な性能で、おすすめできる機種です。

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンを紹介します[5000円以下編] - audio-sound @ hatena

魅力的な完全ワイヤレスイヤホンたちをご紹介!  当ブログではこれまでおそらく200機種以上の完全ワイヤレスイヤホン を紹介してきました。ほぼ毎日レビュー記事を書いているので、なかなかまとめる機会がありませんでしたが、今回その中でも最近のお気に入りでコスパ最強と言える機種を価格帯別に紹介しようと思います。  今回は5000円以下で購入できる機種から紹介します。 5000円以下のお気に入り機種 ...

低価格でもバッテリー性能は優秀

スペック上はイヤホン単体の連続再生時間は7時間となっていますが、6時間くらいがせいぜいで、僕の使っている機種では5時間を過ぎたあたりで充電が切れます。しかし3000円を切る価格で5時間持てば、かなり優秀と言えます。

音質

音質は距離を取って聞こえてくる感じがあり、少し籠もって聞こえる感じはありますが、高域はシャリシャリした感じや透明感はそれなりに感じられ、満足度を感じられます。しかし低域は少しおとなしく、輪郭も弱い音でぼやけて聞こえやすいところはあるかも知れません。

防水性能

防水性能はIPX5です。これなら多少の雨の中でも使用できます。水没には弱いので、本格的に降り出したら使用を中止するのがいでしょう。防汗性能としては充分なので、ウォータースポーツでなければ、大抵のスポーツのお供として問題なく使えます。

[水の侵入に対する保護等級]
0級:特に保護がされていない
1級:鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
2級:鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
3級:鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
4級:あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
5級:あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
6級:あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
7級:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
8級:継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

https://www.goodspress.jp/howto/11516/2/

通信品質

かなり低価格ですけど、意外と通信品質は悪くありません。動画鑑賞でも僕はあまり遅延を感じませんでした。街中ではそれなりにプチプチ切れてしまう感じはありますが、それなりに使えます。

コストパフォーマンス

価格とスペックを考えると、かなり悪くない製品ではあります。ただ最終的には価格なりの使い勝手なので、コスパは良いですが満足度が高いかというと微妙なところはあります。

Vansky TWS01

7.5

装着感

8.0/10

バッテリー

7.0/10

通信品質

8.0/10

防水性能

7.0/10

高音

7.0/10

中音

7.0/10

低音

6.5/10

コスパ

9.5/10

Pros

  • 非常に低価格
  • 悪くない通信品質
  • 悪くない音質

Cons

  • 品質は価格なり
  • 音漏れがひどい