【レビュー】おすすめの完全ワイヤレスイヤホン:Skullcandy Push

2019年5月30日

Skullcandy Push
Skullcandy Push
【Amazon.co.jp 限定】Skullcandy Push/PSYCHO TROPICAL 完全ワイヤレスイヤホン S2BBW-M714-A 【国内正規品】

アメリカらしい重低音サウンドの高コスパ機種を出しているオーディオブランド「Skullcandy」から完全ワイヤレスイヤホンが発売されました。他社のフルワイヤレスイヤホンに比べると、色合いがポップで都会的なのが特徴的なカッコイイイヤホンに仕上がっています。

【特集】価格帯別で選ぶ!5000円以下!コスパのよいおすすめ完全ワイヤレスイヤホン【左右分離型】[2019/11/12 最新版] - audio-sound @ hatena

今回は人気のワイヤレスイヤホンの中から、実際に使ってみて特にコスパが高いと思われる機種を紹介します。去年までの完全ワイヤレスモデルの傾向というと、低価格帯完全ワイヤレスモデルはあまり質が良いものがなく、有名メーカー製は高すぎて高嶺の花という感じでした。しかし、2018年になると有名メーカー製もラインナップが充実し、低価格モデルは洗練されて、中にはメーカー製と渡り合える実力派も出てきました。今日は皆さんに、より抜いた粒ぞろいの実力派イヤホンたちを紹介します。  なお、めんどくさい人は「一番のオススメは?」のところから確認してください。 5000円以下のオススメモデル  この価格帯は完全ワイヤレスイヤホンとしては底辺で、エントリークラスになります。安いモデルは3000円を切る価格からありますが、一定の実力があるモデルは3000円以上のモデルがほとんどです。 Dudios Zeus Ace Zagzog TWS-M3 Eleoption N09 Orit OR01 MEBUYZ E18 SRUIK D09 TaoTronics SOUNDLIBERTY 53 GUSGU GSG-T10 Enacfire Future Plus  この機種は EnacFire Future のマイナーチェンジバージョンでイヤホン本体にはほとんど改良が加えられていません。充電ケースだけ、モバイルバッテリー機能付きの大容量のものに変更されており、いわゆる「モンスタースペック」系になりました。Futureの弱点が最大再生時間の短さだったので、この変更は適切に思えます。  音質はFuture譲りの重厚感のあるフラットサウンドで、SoundPEATS系イヤホンに多い、低域重視サウンドです。高域は比較的おとなしく、どちらかといえば低域が張り出してライブ感を強調します。没入感の高いサウンドで外音遮断性が高めなので、外出時に音楽に没頭したい人にはおすすめできます。 UENO WA-X1(F8) FEYCH NB-T01 Hiyoo A66(A8-C5) EnacFire E18 plus  E18 Plusという名前ですが、 Future Plusと違って元となったE18がどの機種かは不明です。 MEBUYZ E18の可能性もありますが、音質やデザインにかなり変更が加えられているので、イヤホン本体は Future と大差なかったFuture Plusと違ってほとんど別機種です。  音質的にはフラットに近いですが、低域はやや抑えめで、中高域以上にフォーカスがあります。そのため、ハイファイ感がある見通しの良い透明感のある音質になっているのが特徴で、現代的なEDMやアイドルソング、アニソンと相性が良いです。  この価格帯では珍しく、高音質コーデックaptXに対応しているのも特徴で、通信安定性が高めです。

若者に人気のSkullcandy

重低音を利かせた、クラブサウンドやロック向きの若々しい音質と、パンクを意識したようなヴィヴィッドな色合いやデザインを大胆に取り入れた製品を買いやすい値段設定で出しているブランドがSkullcandyです。僕もこの会社のイヤホンは好きでいろいろ持っていますが、そんなSkullcandyが満を持して投入してきた完全ワイヤレスイヤホンは、やっぱりSkullcandyらしさに溢れた、ロックでコスパの良いイヤホンでした。

デザインがカッコイイ!もはやファッションアイテム

SONYの完全ワイヤレスモデルに似た、まるっこいスポーツ向けを意識した筐体に、Skullcandy独特の髑髏マークをあしらったデザインが凄くカッコイイです。色合いは今のところ、高級感のあるスタイリッシュなライトグリーン系の「PSYCHO TROPICAL」とヴィヴィッドなオレンジでポップな印象を醸す3月限定色の「TANGERINE」があります。Skullcandy Pushは月ごとに限定色を出していくことになっており、自分好みの色で耳元を飾ることができるファッションアイテムとしても注目できます。

Skullcandy PUSH/TANGERINE
3月限定色の「TANGERINE」

重厚で分厚いブーミーでパワフルな低域

そしてこの機種で語らなければいけないのが、そのSkullcandyらしい音質です。いつもの重厚感満載でブーミーかつパワフルな黒光りするSkullcandyの沸騰する低音が味わえます!伝説の重低音モデルCrusherにはさすがに及びませんけど、雰囲気はかなり近く、Skullcandyファンならきっと楽しめますし、ロックやクラブサウンドを重厚かつドライに聞きたい人には真っ先に検討すべきモデルになります。

Skullcandy Crusher Wireless
Skullcandy Crusher Wireless

バッテリー品質も標準以上

イヤホン単体で最大6時間の連続再生時間を誇っています。これは現状の完全ワイヤレスイヤホンの中では標準以上のスペックで、この点も優秀です。ケース込みは最大12時間と、こちらはやや小振りでちょっと物足りなく思えます。ケースをコンパクトに仕上げたのと、パワフルなサウンドとトレードオフになったと納得するしかないでしょう。Skullcandyサウンドを完全ワイヤレスで味わえるのですから、その喜びの前では大して失望することでもありませんよね。

安定した操作性と装着感

操作感の良さもこの機種の良いところです。同じようになめらかなデザインを採用しているSONYの WF-SP700Nに比べて、タッチパネルも耳に近いせいか操作しやすく、安定感があります。インターフェースのタッチパネルは左右どちらも1回押しで再生/停止、2回押すと音量操作、3秒長押しで曲送りや曲戻しができるようになっています。またスマホやタブレットに接続しているときは、3回押しでSiriやGoogleアシスタントが起動するようになっています。

装着感も非常に良く、イヤーウィングが付属していて耳にしっかり馴染みます。スポーツ用途としても問題ありません。

通信品質も高い

実はこの価格帯で重低音を鳴らす完全ワイヤレスモデルとして、もう一つ注目すべき機種にYEVO AIRというイヤホンがあります。しかし僕が試した範囲では通信品質の面でYEVO AIRはSkullcandy Pushに劣ります。もし重低音モデルの購入を考えている人がいましたら、装着感やデザインは好みがあるでしょうが、外出時に使用することを考えると、YEVO AIRは少し途切れやすく、Pushのほうが個人的にはオススメです。対応コーデックはAAC/SBC。

YEVO AIR
音質的にSkullcandy PushのライバルとなるYEVO AIR

防水性能はあるが、不明瞭。おそらくIPX4相当

公式で防水仕様だということは示されているのですが、IPX等級は不明瞭です。こういう場合、大抵はIPX4か5相当のことが多いので、おそらくIPX4の可能性が高いだろうと思っていましたら、e☆イヤホンさんのブログでIPX4相当だと明記されていました。

[水の侵入に対する保護等級]
0級:特に保護がされていない
1級:鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
2級:鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
3級:鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
4級:あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
5級:あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
6級:あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
7級:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
8級:継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

https://www.goodspress.jp/howto/11516/2/


本体のみ最長6時間再生
充電ケースで充電すると最長12時間再生可能
マイク内蔵
防滴機能 IPX4に準拠
重量:54.2g
インピーダンス:16Ω
ドライバー径:9.2mm
再生周波数帯域:20Hz-20Hkz
Bluetooth Ver. 4.2
イヤホン紛失時に割引価格で購入できる保証付き


【完全ワイヤレス】Skullcandy Push Psycho Tropical を聴いてみた。(https://e-earphone.blog/?p=1303686)

コストパフォーマンス

現状の完全ワイヤレスイヤホン屈指の重低音を誇る音質とスペック面での品質、ファッショナブルで個性的でありながら機能性も考えられたデザインなど、その完成度の高さを考えれば1万円台前半で手に入るそのコストパフォーマンスは優秀であると結論づけられます。

Skullcandy Push

8.1

装着感

8.5/10

バッテリー

8.0/10

通信品質

8.5/10

防水性能

6.0/10

高音

7.5/10

中音

8.0/10

低音

9.5/10

コスパ

9.0/10

Pros

  • ファッショナブルなデザイン
  • 機能的なインターフェース
  • 良好な装着感
  • コンパクトなケース
  • 水準以上のバッテリー品質
  • 安定した通信品質
  • 重低音
  • Skullcandyブランド

Cons

  • 高音質コーデックに対応していない
  • 中途半端なスペック
  • 好みが分かれるデザイン

【特集】デジタルオーディオプレーヤー最新おすすめ機種紹介[Cayin N6II/Hiby R6 PRO/ONKYO GRANBEAT/iBasso DX220] - audio-sound @ hatena

【1】DAPにも変革の時代!音楽シーンの変化が来ている  今回の特集はデジタルオーディオプレーヤーを扱います。この記事では私が個人的観点で選んだおすすめ機種を紹介しますが、しかし、その前にどういう選好で私が今回の特集記事のDAPを選んだかを説明することは有益であるように思われますので、しばし説明させていただきたく思います。 ...